『進撃の巨人2』続投キャラと新キャラのミケ、ナナバ、ゲルガーのプロフィールや「日常パート」の情報が公開!10月24日には公式番組配信、実機プレイもお披露目

コーエーテクモゲームスは、2018年初頭に発売を予定しているPS4/PS Vita/Nintendo Switch/Steam用ソフト『進撃の巨人2』の公式サイトをオープンし、登場キャラクターのプロフィールや、「日常パート」など最新情報を公開しました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

キャラクター

エレン・イェーガー CV:梶裕貴

シガンシナ区出身。子供の頃から壁外の世界に憧れていた。845年の巨人侵攻で母親を亡くしたのを契機に巨人の駆逐を強く志すようになり、第104期訓練兵団に入団。3年間の厳しい訓練を経て成績5番で卒業した。
壁外への憧れと巨人への憎悪から、訓練兵団入団当初より調査兵団を志望。強い意志と優れた行動力を備えるが、一方で熱くなると周りが見えなくなる危うさを常に秘めている。

ミカサ・アッカーマン CV:石川由依

ミカサ

希少な東洋人の血を引く。幼少の頃に両親を強盗に殺された際、エレンに命を救われた。以来、エレンの側を離れず、共に第104期訓練兵団に入団、秘めていた才能を遺憾なく発揮し、首席の成績で卒業している。
唯一残された家族であるエレンを守ることをすべての行動基準としている。普段は感情を表に出さず、危機的な状況に陥っても取り乱すことはないが、エレンが関わる場合に限っては、我を忘れて暴走することがある。

アルミン・アルレルト CV:井上麻里奈

アルミン

シガンシナ区出身。エレン、ミカサの幼馴染で、壁外に強い憧れを持つ。第104期訓練兵団に入団後、体力面での不安を努力で補い3年間の厳しい訓練を耐え抜く。卒業成績は上位に達しなかったが座学はトップだった。
引っ込み思案で消極的。いつもエレンやミカサに守られてきた自分を情けないと感じている節がある。一方で優れた分析力と的確な判断力を備えており、頭脳派兵士としての才能を徐々に発揮していくことになる。

リヴァイ CV:神谷浩史

リヴァイ

調査兵団兵士長。自ら選抜した精鋭で構成される特別作戦班(通称リヴァイ班)を率いている。「人類最強の兵士」と呼ばれるほどの戦闘能力の高さを誇り、「一人で一個旅団並みの戦力がある」と評されている。
性格は粗暴で神経質。人当たりは悪いが責任感は強く、エルヴィンの信頼も厚い。また、極度の潔癖症であり、拠点の掃除は徹底的にやらないと気が済まない。

ミケ・ザカリアス CV:三宅健太

ミケ

調査兵団の分隊長の一人。リヴァイに次ぐ戦闘能力を持つ実力者で、エルヴィンの信頼も厚い。鋭い嗅覚を持ち、巨人の接近も匂いで感知できる。普段は寡黙だが、初対面の兵士の匂いを嗅いで鼻で笑う癖がある。

ナナバ CV:下田麻美

ナナバ

精鋭揃いの調査兵団の中でも、高い実力を持つ熟練兵。緊急時にも常に冷静さを欠くことなく、的確な指示を下すことができる。同じく調査兵団に所属するミケ、ゲルガーとは、度々同じ班に編成されるらしく、見事な連携を見せてくれる。

ゲルガー CV:加瀬康之

ゲルガー

精鋭揃いの調査兵団の中でも、高い実力を持つ熟練兵。戦場では、積み上げてきた経験を存分に生かし、勇猛果敢に巨人に立ち向かう。同じく調査兵団に所属するミケ、ナナバとは、度々同じ班に編成されるらしく、見事な連携を見せてくれる。

システム:日常パート

原作キャラたちとの交流を描く「日常パート」を導入。各キャラとの絆を深めることで、専用のサイドストーリーや会話イベントが展開される。

日常パート

戦闘と戦闘の合間に、兵士としての束の間の日常を過ごし、次の戦闘に備えるパート。仲間たちとの交流の場であり、兵士としての鍛錬の場でもある。

「日常パート」では、メインストーリーが展開されるだけでなく、登場キャラクターたちとの自由な交流を楽しむことが可能。仲間と会話したり任務を共にすることで絆を深めると、各キャラクターの内面を描いたサイドストーリーが連続的に展開される。

日常パート2

また、訓練による能力の強化や装備の開発、スキルの習得といった成長要素が集約された場所であもあり、巨人との戦いを生き抜くための様々な行動をとることができる。

日常パート3日常パート4

生放送第1回が10月24日に配信

『進撃の巨人2』の情報を発信する公式生放送第1回が10月24日20時より配信決定。ゲストとしてクリスタ役の三上枝織さんが登場し、世界初となる実機プレイもお披露目されます。

配信サイト:YouTube / ニコ生 / FRESH!

関連リンク

 ・進撃の巨人2|公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする