【知ってた】酔っ払いは自分がどのくらい酔ってるか正しく判断できないことが科学的に証明される!


酔っ払いは自分がどれくらい酔っ払っているか正確に判断できないことが科学的に判明

イギリスのカーディフ大学の研究チームは、ウェールズの首都カーディフのバーとクラブを巡って「お酒の席で飲んでいる人々が自分の『酔っ払い度』と飲酒がもたらす健康への影響をどれくらい判断できるか」ということを調査しました。

結果、「お酒の席」で飲んでいる人々は、回りの人々の状態に基づいて「もっと飲むかどうか」という判断を下していることが判明しました。

今回の調査で酔っ払っている人は周囲の人を見て自分の状態を過小評価してしまう可能性が高いことがわかっています。パーティーで泥酔してブラックアウトした人を見たことがある人もいると思いますが、その時に酔いが覚めて「自分は冷静だ」と感じたことがあるはず。このことから人々は「最も酔っ払っている人」を基準にするのではなく、「最も酔っ払っていない人」を見て自分の状態を認識する傾向があることがわかっています。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

その場の楽しさと解散する寂しさで、さらに酒が進んで毎週末必ず始発で帰るようになるやつだ!

厳しい上司が飲み会で赤ちゃん言葉になったの思い出してワロタ

酒は飲んでも飲まれるな(名言)

飲み会で酒を飲まない人をやたらと嫌う酒飲みがいるのは、これのせいでシラフがいると自分が酔っ払った気になれないからか?

残念ながら知ってた


かんぱーーーーい!
乾杯

久しぶりの酒うめええええ
何杯でもいけるおwwwww
WS000001

お前最近コーラしか飲んでなかったのに
急にそんな酒飲みまくって大丈夫か?無理すんなよ?>
WS000002

やる夫 吐く ゲロ オエー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする