医師「病院は病気を100%治せるわけではない」 くわばたりえさん「それを病院が言ったらアカンちゃう?」


くわばたりえが猛批判した医師の発言「病院は100%治せるわけではない」 – ライブドアニュース

TBS「好きか嫌いか言う時間」で、芸人のくわばたりえさんが医師の発言に噛み付いた

ゲストとして出演した医師の大竹真一郎氏は、医師と患者の契約について「必ず(病気を)良くするものではない」「ただ、最善を尽くして診療に当たる」と話した

これを聞いたくわばたさんは「それを病院が言ったらアカンちゃうの?って思うんですけどね」と批判

大竹氏は「違います。人間の体の病気っていうのは、絶対に誰でも治せるものではない」「そんな傲慢な(ことを言う)医者の方がダメです」と反論。「100%尽くします」は約束できるが「100%治します」は無理だと説明した

くわばたさんはそれでも「一生懸命頑張りますみたいな…」と食い下がり、患者は専門家の診断をしっかりと仰ぎたいのだと訴えた

以下、全文を読む

<ネットでの反応>

これはどう考えても医者が正しいだろう。

100%治るなら誰も苦労しないっての。

大丈夫ですよ!絶対治りますよ!って言って欲しい、安心させて欲しいって事はわかるけど、絶対治るを逆手に取る人が増え…

医者は全知全能の神ではありません。人です。やれる事は自分の知識、経験、技術を総動員して治療に最善を尽くす事だけ。

この話を聞いて「バカな芸能人だね」と簡単に言う人は表面上は多そうなのに、自分が「信頼できる代替療法の先生」に「治します」と言われると信者化する


まあ、これは医師が言ってることはもっともだよなあ
100%治せるなんて約束は出来ないお
くわばたりえ 医師 病院 批判 病気に関連した画像-03

でも同時に、絶対に治ると医者自身に言ってもらいたいという心理も分からなくもない
うーん、難しい話だね
くわばたりえ 医師 病院 批判 病気に関連した画像-04

お前のひねくれた性格は100%治らない、ということを約束しよう
くわばたりえ 医師 病院 批判 病気に関連した画像-05
え?おう・・・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする