【すごすぎ】 ぺんてるの「サインペン」のシンデレラストーリーがアツイ! 日本では売れなかったけど・・・


■ツイッターより

ぺんてる サインペン ニッポン・ロングセラー考 – COMZINE by nttコムウェア

発売翌年の春、思いもかけない転機が訪れる。早くから製品を海外販売していたぺんてるは、サインペンの起死回生を狙って、シカゴで行われた文具国際見本市に出展していた。そこでサンプル配布したサインペンが、大統領報道官の手に渡る。報道官が使っている珍しいペンを目に留めたジョンソン大統領は、その書き味を大いに気に入り、ぺんてるに24ダースを注文した。
この話を耳にしたマスコミが新聞や雑誌で大きく取り上げ、”大統領が愛用する不思議なペン”として、あっという間に、サインペン人気に火が付いた。
更に1965から66(昭和40〜41)年にかけては、NASAが有人宇宙飛行計画「ジェミニ」に使用する公式スペースペンとしてサインペンを採用。毛細管現象を利用したサインペンは、無重力空間でもインク漏れせず書く事ができるからだった。
さすがにペン文化が浸透しているアメリカ。サインペンの優秀性を認めるのも、日本より早かった。

まじかよwwwwwwww
サインペンってそんな歴史があったのか!面白すぎwwww

海外で評価されて〜的な逆輸入って色々あるよね
サインペン ぺんてる シンデレラストーリー 大統領に関連した画像-04

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする