「大人の発達障害」チェックリストが公開!お前らどんだけ当てはまった?


「大人の発達障害」を疑ったら試したい20のチェックリスト

<記事によると>

下記のチェックリストで【A】と【B】のどちらに多く当てはまるか、みなさんチェックしてみてください。

【A】
・何かをするときは一人でやるほうがいい
・同じやり方を何度も繰り返し用いることが好き
・何かを想像するとき、イメージを簡単に思い浮かべることができる
・自分では丁寧に話したつもりでも、話し方が失礼だと周囲の人に言われることがある
・他のことが全く気にならなくなるくらい、何かに没頭してしまうことがある
・他の人が気がつかないような小さな物音に気がつくことがある
・車のナンバーや時刻表の数字など、特に意味のない情報に注目することがある
・相手の顔を見てもその人が考えていることや感じていることがわからない
・あることを、他の人がどのように感じるかを想像するのが苦手
・他の人の考え(意図)を理解することは苦手

【B】
・物事を行うにあたって、難所は乗り越えたのに詰めが甘くて仕上げるのが困難だったことがよくある
・計画性を要する作業を行う際に、作業を順序立てるのが困難だったことがよくある
・約束や、しなければならない用事を忘れたことがよくある
・じっくり考える必要のある課題に取り掛かるのを避けたり、遅らせたりすることがよくある
・長時間座っていなければならないときに、手足をそわそわと動かしたり、もぞもぞしたりすることがよくある
・まるで何かに駆り立てられるかのように過度に活動的になったり、何かせずにいられなくなることがよくある
・つまらない、あるいは難しい仕事をする際に、不注意な間違いをすることがよくある
・直接話しかけられているにもかかわらず、話に注意を払うことが困難なことがよくある
・家や職場に物を置き忘れたり、物をどこに置いたかわからなくなって探すのに苦労したことがよくある
・外からの刺激や雑音で気が散ってしまうことがよくある

いかがでしたでしょうか。【A】が多かった人もいれば【B】が多かった人、どちらも同じ数だったという人もいるかもしれません。これらのテストは【A】がアスペルガー症候群のチェックリスト、【B】がADHD(注意欠如多動性障害)のチェックリストです。

発達障害とは、脳機能の先天的な障害のこと。生まれながらに脳の働きにかたよりがあり、それが様々な特性となって現れるもののことです。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

A3、B5 ライン作業とか何も考えなくて良いから好き 機械になりたい

アスぺも発達も、大半が普通の範囲では?健常者を神がごとき条件にすることは愚かだよ!

発達障害だったとしても周りは何も配慮してくれないよ。自分でミスを防止する工夫をしなきゃいけないし、ミスしても「仕方ない」では済まされない。

ちなみに私は両方で結構強めの傾向がある。けれどもどちらも克服済み。デメリットだけでなくメリットも多い特性なので、克服してしまえば大きな強みが残る。


AとB全部当てはまったお、コレ逆にレアなんじゃない?ボクの脳みそは物凄いものを秘めてるかもしれないお!
発達障害 診断に関連した画像-03
そ、そうだな・・・(どんだけポジティブなのこいつ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする