ゲームアナリスト・平林久和氏「『1-2-switch』は最高のゲーム、真のeスポーツの扉を開けた」


Nintendo Switchは真のeスポーツの扉を開けた【オールゲームニッポン】

<記事によると>

安田:発売以来ずっと品切れが続いてるようで、売り上げ好調じゃないですか。しかも、日本だけではなく世界市場でも売れていますね。

平林:まだソフトが少ないこの時期に、真っ先にNintendo Switchを買うお客さんはゲームファン、任天堂ファンのなかでもかなりの「物好き」だと思うんです。「物好き」はネガティブイメージなので、正確に言い直しますと「Nintendo Switchの将来に期待感を持っている層」は分厚かったんだな、という感想を持ちました。

谷:ソフトはどうでしょう? 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は最高傑作とも言われてますが……。

平林:まったくその通りですね。ですが、オールゲームニッポンで語りたかったのは『1-2-Switch』です。ハードと同時発売ソフトにありがちな、技術デモ的なソフトととらえるむきもありますが、『1-2-Switch』はそんなんじゃない。いきなり結論を言ってしまうと、『1-2-Switch』は真のeスポーツの扉を開けたと思うんです。

谷:eスポーツですか? またどうして?

平林:画面を見ないで相手の目を見て戦う。これこそスポーツの自然な姿だと思います。最近何かと騒がれているeスポーツですが、私は昔から懐疑的でした。素直に「ゲーム大会」と呼べばいいものを、あえてスポーツと呼んで誰かを言いくるめている感じがします。そもそもゲームは野球、サッカー、将棋、囲碁とは違ってルールが普遍的ではない。というか、流行りすたりが激しい。このようなルールの根底が移ろいやすいものをスポーツ、そのプレイヤーをプロフェッショナルと呼んでいいのか? 疑問に思っていました。

安田:対戦者が画面を見て横並びになっているとゲーム大会、対戦者が向かい合っているとeスポーツ。そんなイメージですか?

平林:シンプルにまとめるとそういうことです。人間に何かを持たせることによって、スポーツは生まれます。新しい道具を創作して新しいスポーツを考える。デジタルだからこそできる道具って何? 新スポーツって何? そんな方向もあるのかなと思います。というわけで、最近は新しいスポーツを創作して活動している「世界ゆるスポーツ協会」に注目しています。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

何言ってんだ。流行りに乗れなかったから言い訳してるだけだろ

興行として成り立たないものにプロフェッショナルが生まれるわけないだろ
あんな子どもだましの卓球ごっこで大会開いて誰が見たがるんだ?

プロゲーマーはこいつの顔面5,6発は殴っていいと思うよ。


やっぱり分かる人には分かるんだよなあ?1-2-switchが、そしてARMSがeスポーツの新時代を切り開く!
1-2-switch eスポーツに関連した画像-03

ARMSとかゲーム画面みないとプレイ出来ないけどこのアナリストはどんなコメントするんだろうね?それに向かい合わないスポーツ競技だっていっぱいあるだろ。なんかズレてねこの人
1-2-switch eスポーツに関連した画像-04

1-2-Switch (ワン・ツー・スイッチ) 収録ゲーム紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする