【期待】DMMが今春からアニメ事業に参戦、今年は10タイトル弱扱う予定!


DMM.com:今春からアニメ事業参入 年20タイトル目指す – MANTANWEB(まんたんウェブ)

インターネットサービスのDMM.comは10日、アニメーションレーベル「DMM pictures」を設立
今春からアニメーション事業に参入することを明らかに。

ライセンスビジネスや制作委員会への参画を行う。

扱うアニメのタイトル数について同社は「今年は10タイトル弱を扱う予定。数年かけて、最大年20作品程度を扱えるようになれば」と話している。

4月放送予定の「有頂天家族2」からアニメ事業をスタートさせ、そのほかのタイトルとして、「喧嘩番長 乙女 -Girl Beats Boys-」(4月〜)、「DIVE!!」(7月〜)、「銀河英雄伝説」(放送時期未定)なども予定。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

有頂天家族2!!!!!!

参入大いに結構。 でもクリエイターの増強と待遇改善がなければ悲劇的結末しかない。

最大年20本って相当な数じゃね?爆死しまくったら目も当てられないぞw

これで業界が活発になってくれたらいいが。

艦これアニメ化はよ()


アニメ業界にまたとんでもないライバル企業が出てしまったお
どうなっていくんだアニメ業界・・・
DMM アニメ事業に関連した画像-03

でもDMMさんにはぜひね、アレなアニメもたくさん作ってほしいお
DMM アニメ事業に関連した画像-04

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする