マイクロソフト「XboxOne販売前、2億台売るのがゴールだった」「ゲームで成功するまでは他のカテゴリーに手を出す権利はない」


マイクロソフト、当初のゴールはXbox Oneを2億台売ることだった – IGN

マイクロソフトのフィル・スペンサー氏に海外メディアStevivorがインタビュー

「マイクロソフトはXbox Oneを売り出す前、チームのもともとのゴールは、ゲーム機を2億台売る方法を見つけることでした」と述べた。

当初のアイディアではゲーム以外の機能も詰め込んだオール・イン・ワン型のメディア機器を作る計画だったとの事。

しかし「2年半前、Xboxプログラムの運営を始めたとき、ゲーム機以外のものになろうとするアプローチから焦点をゲーム機に戻しました」と、スペンサー氏がゲーム専用機にフォーカスを戻すよう、軌道修正したという。

「ゲームというカテゴリーで成功するまでは、他のカテゴリーに手を出す権利はありません。だったらそれをやり抜こうじゃありませんか

他のことに手を出していいというGOサインがでるのは、ゲーマーの間で成功してから」

以下、全文を読む

<この記事への反応>

噂話じゃなくてマジだったの

なんでいつもここはこんなに強気なんだろうか

バカでかい事を掲げるだけなら誰でもできるからな


2億台www2億台は目標でかく持ちすぎて足元見失ってるでしょwww
流石にそれは無理だって分かったはずだおwww強気すぎるww
やる夫 爆笑 バンバン

まあPS2よりも早い速度で普及してるPS4なら、それに一番近づくことができますけどね
ええ、神ハードですから
・・・ん?? 
やる夫 バンバン 無表情

『ゲームというカテゴリーで成功するまでは、他のカテゴリーに手を出す権利はありません
他のことに手を出していいというGOサインがでるのは、ゲーマーの間で成功してから』

・・・・・・・
やる夫 考える ふむ

って事らしいんだけど、ゲーム機の方がもう完全に終わってるから他に逃げ始めた所があるって知ってる?確か任t
やる夫やらない夫 汗 やる夫セリフ フキダシ

やる夫 やらない夫 口封じ刺しまくり クッパ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする