【大炎上】キンコン西野さん「絵本を無料で公開します。金を払わない人には見せないとか糞ダサい。お金の奴隷解放宣言です」→ネットで批判大殺到!


キングコング 西野 公式ブログ – お金の奴隷解放宣言。 – Powered by LINE

<一部抜粋>

僕は芸人活動の傍ら、絵本作家としても活動しておりまして、3ヶ月前に発表した『えんとつ町のプペル』という作品が23万部突破というマグレ当たり。

テレビやネット、雑誌や新聞等で、取り上げていただくようになり、連日、『えんとつ町のプペル』に関する色々な声が僕のもとに届きます。

その中で一通、とても気になった声がありました。
それは、

「2000円は高い。自分で買えない」

という意見。小学生からでした。

《自分は『えんとつ町のプペル』を子供にも届けたいのに、たった「お金」という理由で、受けとりたくても受けとれない子がいる。》

双方が求めているのに、『お金』なんかに「ちょっと待った!」をかけられているのです。

「お金が無い人には見せませーん」ってナンダ?糞ダセー。

SNSで誰とでも繋がれるようになり、『国民総お隣さん時代』となりました。
ならば、お金など介さずとも、昔の田舎の集落のように、物々交換や信用交換で回るモノがあってもおかしくないんじゃないか。「ありがとう」という《恩》で回る人生があってもいいのではないか。

もしかすると、『本』には、その可能性があるのではないか?

今日をもって、『えんとつ町のプペル』を無料にします。

お金を払って買って読みたい人は、買って、無料で読みたい人は、インターネットで最後のページまで無料で見れるようにします。

制作サイドの理由になるのですが、実はこの決断には勇気が要りました。
制作スタッフには最初の段階ですでに給料が支払われていますが、僕や出版社は絵本の売り上げ(印税)で生活しているからです。
「無料にしてしまうと、食いっぱくれてしまうのではないか?」
そんな不安もあります。

しかし僕は、『10万部売れるコト』よりも、『1億人が知っているコト』の方が遥かに価値があると考えます。

僕の財産は、『えんとつ町のプペル』という《作品》だと思うのですが、
個人の財産を個人が独り占めするのではなく、分配し、皆の財産にしようと思いました。
皆が豊かになった方が、巡り巡って自分も豊かになるだろう、と。
『ギブ&テイク』ではなく『ギブ&ギブ』。
自分のことだけを考えても、その方が良いだろうと結論しました。

お金の奴隷解放宣言です。

これから、無料化できるところから無料化していって、『お金』なんて、そもそも存在しなかった時代や、地域で、おこなわれていた『恩で回す』ということをやってみます。

以下、全文を読む

この「お金の奴隷解放宣言」に、ネットユーザーはざわめき出す

…うわあ、くっそ燃えてるじゃん
最近はボヤ程度が多かったけど、ここにきてこの大炎上
29-2-2

でもクリエイターにはもう支払いをしてあるみたいだし、そこを叩くのは違うかもねえ
しかしこれは、クリエイター業界に一石を投じたどころの騒ぎじゃなくなってますなあ
21

カッコイイこと言おうとして結局すべってる辺りが、
とても西野さんらしいなとは思います(適当)
19-2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする