eSportsニュース eスポーツをテーマにした映画にコメディ俳優のウィル・フェレル氏が主演

eスポーツをテーマにした映画が製作されるという話を皆さんはご存知でしょうか?そしてそのeスポーツを題材にした映画にコメディ俳優のウィル・フェレル氏が主演することが決定しました。
ウィル・フェレル氏と言えば知る人ぞ知るコメディー俳優でトニー賞にノミネートされたこともある実力派俳優です。
eスポーツの世界が映画でどのように描かれるのかが話題となっていますが、タイトル未定ながら内容は『反射神経が鈍る20代前半にはリタイアを強いられるeスポーツ界を舞台に、プロチームに属する中年男(フェレル)が若手ゲーマー相手に激闘を繰り広げる作品』という事で、主演のウィル・フェレル氏演じるプロゲーマーの物語のようですね。
レジェンダリー・ピクチャーズが製作を行い、「Evil Geniuses」や「Fnatic」といったeスポーツで活躍するプロチームが撮影に協力することが発表されています。

今回eスポーツの映画を製作するレジェンダリー・ピクチャーズとはカリフォルニア州バーバンクの映画会社で、2005年の設立から2013年までワーナー・ブラザースと共同で映画を製作し『ダークナイト』3部作や『スーパーマン リターンズ』『300 <スリーハンドレッド>』『ハングオーバー』シリーズなどのヒット作を生み出している映画会社です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする