映画評論家「『この世界の片隅に』がヒットしたのは『君の名は。』があったから、2015年の公開だったらこれほどヒットしていなかった」


『君の名は。』で面白さ再発見、大人も楽しめるアニメ続々│NEWSポストセブン

「『この世界の片隅に』は非常にすばらしい作品ですが、公開が2015年だったらこれほどのヒットはしていなかったと思います」

 こう話すのは、アニメに詳しい映画評論家の増當竜也さんだ。

「当時の生活や戦争の様子を細かい部分までよく調べて描いていますし、すず役にのんさんを起用したこともよかった。ただ、テーマは万人受けするものではない。

 それがここまでのヒットとなったのは、その前に『君の名は。』のヒットがあったから。一方、同様に2016年大ヒットした実写映画『シン・ゴジラ』も、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督の作品で、どうせアニメでしょ、とこれまでアニメを切り捨ててきた人たちも、いよいよその存在を無視できなくなってきました

以下、全文を読む

確かに君の名は。は今までアニメに関心がなかった層に
他にも面白いアニメ映画があるかも、と思わせる力はあったかもな
もちろんヒットしたのは片隅がいい映画だからだけど
いくら関心が高まってもヒットしない映画はヒットしないからな
やらない夫 考える

おっと、ポッピンQの話はそこまでだ
やる夫 no thank you

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする