eSportsニュース 賞金総額25万ドルのDota 2大会『ESL One Genting 2017』の結果

スポンサーリンク

賞金総額25万ドルのDota 2大会『ESL One Genting 2017』が開催されていたことをご存知でしょうか?マレーシアの高原リゾート「Genting Highland」内に併設されたGenting Arena of Starsにて2017年1月6日~8日にかけて開催されたDota 2の賞金付き大会は招待チームが4チーム、更に4ヶ所のエリアで開催された予選を勝ち上がった計8チームが出場し頂点を目指して闘いました。
優勝賞金12万5千ドルを手にしたのは果たして・・・

Dota 2大会『ESL One Genting 2017』 出場チーム

招待チーム

・Fnatic
・Digital Chaos
・Wings Gaming
・Team NP

エリア代表

・Execration
・WarriorsGaming.Unity
・Virtus.pro
・Newbee

Dota 2大会『ESL One Genting 2017』優勝チーム

グループAとグループBに分かれて行われた予選、そしてセミファイナルと勝ち進んだDigital ChaosとNewbeeがグランドファイナルで激突。接戦を制したのはDigital Chaos。

Digital Chaos 3-2 Newbee

Digital Chaosが優勝賞金12万5千ドルと国際大会でのチャンピオンの称号を手に入れました。

The following two tabs change content below.

e-sports通信の編集部です。国内のe-sports業界の発展、みんなでつくるユーザーコミュニティを目指して、情報発信してまいります。寄稿者さん大募集中!

e-sports通信編集部

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする