2016年ラノベ年間ランキング! 「なろう」作品人気が強く、ラブコメ作品ではなく○○が人気に!


ラノベ市場展望:17年もネット小説の席巻続く 好みは恋愛よりお仕事? – MANTANWEB(まんたんウェブ) 

<記事によると>

出版不況の中で“成長分野”とされてきた若者向けのイラスト付き小説「ライトノベル」も成長が止まり、内訳を見ても「なろう」の略称で知られる小説投稿サイト「小説家になろう」に代表されるネット発の作品が占めている。


◇書泉ブックタワーで2016年に売れたライトノベル 年間ランキング(2015年12月1日〜2016年11月30日)

1位 この素晴らしい世界に祝福を

2位 灰と幻想のグリムガル

3位 ソードアート・オンライン

4位 Re:ゼロから始める異世界生活
5位 オーバーロード
6位 魔法科高校の劣等生シリーズ
7位 ゲート
8位 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
9位 本好きの下剋上
10位 転生したらスライムだった件

————-

ライトノベルに精通する同店の田村恵子さんは「例年以上にアニメ化作品、ネット小説への傾斜が強まっています」と話す。売り場にもその流れが出ており、昨年のラノベコーナーの売り場は約4分の1がネット小説だったが、今年は大手レーベルもこぞってネット小説を出したこともあり、ネット小説の比率は半数に達したという。一方で、「以前は『なろう』の新作というだけで売れましたが、刊行点数が増えたこともあり、取捨選択されている」とも説明する。

田村さんはここ最近、アニメの話が一般のニュースで取り上げられ、それを見た人が興味を持って足を伸ばし、ラノベが売れる傾向がさらに強まっていると感じている。

◇ラブコメ苦戦 「お仕事もの」台頭
そして一時期はラノベの定番といえば、「涼宮ハルヒの憂鬱」や「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」などの学園ラブコメだったが、今ではほぼなくなり、「異世界もの」に変わっている。田村さんは「今のラノベは一見ラブコメに見えても、人気作はネット小説の特徴を取り込んでいることが多い」と話す。さらに、以前はチート系主人公の活躍を描いた作品が多かったが、今はその派生系として「お仕事もの」が人気になっているという。

以下、全文を読む

「なろう」酷いのがよく話題になるけど、人気作も多いよね〜
アニメでも爆発した作品けっこうあるしなぁ
a2

俺ガイルの新作はよぉ!!!
お前が出ればランキングもひっくり返るよ!タブン
a25

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする