スクエニ、『ドラクエ』が『FF』に比べて海外でヒットしない理由をマジメに説明


スクエニ、海外でドラクエがFFほど人気でない理由について説明

スクウェア・エニックスの二大フランチャイズと言えば『ファイナルファンタジー(FF)』と『ドラゴンクエスト(DQ)』ですが、西洋でのDQ人気はいまいちです。DQシリーズのエクゼクティブプロデューサー・三宅有氏はその理由を英誌EDGEの取材で明かしています。

三宅氏によると
・なぜ西洋でDQはFFのほどの人気がないのか、社内ではかなり話し合いがされている。その中で導き出された1つの結論は、ノスタルジアの対象が国によって違うということだ

・ファミコン発売当時、(日本では)みんなが遊ぶゲームはDQだった。しかしプレステ発売当時は(西洋では)FF7だった。だから国によって懐かしさを感じるゲームが「日本ではDQ」「海外ではFF」のように異なるのだ

・また鳥山明氏のアニメキャラは日本では「子供っぽい」とは思われないため、幅広い年代の人達がDQを遊んでいる。しかし海外では、いくら内容が大人向けのものであっても、その見た目とプレイ内容に繋がりを感じられないと思う人も出てくる

・もっとDQのローカライズに労力を割いていれば、今日のような問題に直面していなかっただろう

以下、全文を読む

<この記事への反応>

まずDQを西洋でリリースしろってw

鳥山明じゃなくて別のアーティスト雇えば?

鳥山明のキャラが駄目だという分析は失礼だと思う。だって西洋でも『ドラゴンボール』ゲームは人気だぜ?単純にマーケティングしてないスクエニが悪い

↑ドラゴンボールの作者が描く新たなRPG、とかの宣伝だけで買う人いるだろうになw

DQプレイしたことないが、ニンテンドースイッチで出たら買ってみるかな


…と、いうわけでスクエニが自ら分析した結果がこれだお
納得出来るような、出来ないような…
18

鳥山先生の絵にも一因があるってのか…!?
うーん、にわかには信じがたいが、日本と海外では感性の違いもあるということ…か?
7-3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする