『人食いの大鷲トリコ』上田氏がVRを語る「興味はある。だが単純にVR化するだけでは気持ち悪くなるだけ」


『人食いの大鷲トリコ』を制作した上田氏がVRについて発言「興味はある。が、問題もある」

海外メディアUploadVRは、「人食いの大鷲トリコ」を制作した上田氏のVRに関する発言を紹介した。
ファンの思いを代弁するかたちで、同氏にVRゲームに関してどう考えているか尋ねたところ、以下のようなコメント。

「ただ単純に「ワンダと巨像」のようなゲームをVR化するだけでは、ファンの皆様に答えられるようなものは作れないと思っています。

かりに「ワンダと巨像」をVR化するとして、いちばんの問題は、VR化することによってゲームに一人称視点を導入することで起こるでしょう。

VRゲーム特有の問題として、「VR酔い」があります。単純にVR化すると、気持ち悪くなるだけのゲームになるかも知れません。

この問題に関して、まだ確信できる解決策を見つけていないのです。」

同士は規模の小さいDL版VRゲームを作るのは今すぐできるが、「黒字となるゲーム」の制作ノウハウを知らないとVRへの進出は難しいという。

それでも同氏は「VRで何かクリエイティブなものを作ることに興味がある」ことを強調した。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

確かに収益化するモデルは考えていかないと・・・

この人たちは仕事でやってるから、利益が出る確率が高くないと進出しそーにないよな。

トリコ面白かった。久しぶりに買って良かったと思えるゲーム

ファンは気軽にVRやりたい期待してるとか言うけど制作側からしたらいろいろ悩んでんだな

VRはまだ高い。PCみたいに数年後普及されてくと思う。


VR酔いはVRやる上で重大な問題だお
トリコをVRでやったらトリコに登るところで揺れまくって吐きそうだしな
やる夫 PC ふーむ 顎に手

トリコを愛でて目の前でヨシヨシできるVRでも良いと思ったが
黒字となるゲームではないだろし
やらない夫 考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする