【日本終わってた】 ギャンブル依存症、諸外国の6倍もいる模様! カジノ云々言う前にパチンコどうにかしろよ・・・


主張/ギャンブル依存症/「対策」いうならカジノやめよ

<記事によると>

厚生労働省の助成を受けた研究班は2013年、日本のギャンブル依存症有病率は成人人口の4・8%、536万人だという調査結果を公表

諸外国の有病率がいずれも1%前後なのに、日本はその5〜6倍の高率です。

なぜこれほど恐ろしい事態になったのか。政府も自治体も、ギャンブル依存症問題に目をふさぎ、欧米やアジア各国では当たり前になっている水準の対策も、やってこなかったからです

 競馬や競輪など6種の公営賭博の胴元である農水省、経産省などの中央省庁は、公営賭博でギャンブル依存症が生じている事実そのものを認めていません。パチンコ・パチスロの大きな権益を握る警察庁も「のめり込みがあることは承知している」と人ごとのようにいうだけです。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

今あるギャンブルの対策を早急にさせろよ。今までやってこなかったっておまえらもだろが。口だけ無能集団が。

正論なんだが、その前にまずは変なロジックを許容しているパチンコをやめるべきだと思う。それか交換方式を他にも解禁して実験する?

カジノが無いにも関わらずギャンブル依存症が多いのは街のあちこちにパチンコ屋があるから。

ギャンブル依存症が諸外国の5〜6倍
元旦から絶賛営業中のパチンコは放置?
共産党も利権が絡んでて批判できないの?


なんでカジノがないのにそんなに依存症が多いんだよ・・・
a5-1

ってそりゃそうだろ。パチンコ店何店舗あると思うんだよ
競馬、競輪、競艇とかもあるけどさぁ・・・1つの街にどんだけパチ屋あんだよって話だわ
a7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする