佐川急便の配達員に「大変そうですね」と声をかけた話が辛い・・・(´;ω;`) 心底同情しちゃうわ

■関連記事
【アカン】ブチギレた佐川ドライバーが荷物や台車をぶん投げる動画が公開される
荷物をぶん投げるなどした配達員、佐川急便が従業員と認め謝罪「イライラしてやったと話している」

配達に来た佐川急便の人に「今大変そうですねぇ」と声をかけたら色々と語ってくれた – Togetter

配達に来てくれた佐川のお兄ちゃんに「今大変そうですねえ」と声をかけたら

「お客さんにはホンマ申し訳ないこと続きで…圧倒的に人員不足で、慢性的なキャパオーバーになっちゃってるんですよ。求人出しても来ないしネットショッピングの関係で物流は増加の一途だし…」

心底同情してしまった。

「限界集落やご自身で外出が難しい方への荷物がストップしちゃう危険性があるんです、それだけは避けたいけど会社は企業への大口の取引を優先しますし…心苦しいです。ボクら末端からでも動かないと」と語ってた佐川のオニーチャン

以下、全文を読む

<この記事への反応>

佐川の経営陣が「労働者が適切に働く」環境を作ることを放棄しているだけだという。 アマゾン<>佐川間の報酬体系も「末端に負担がかかる」だけで「労働環境が改善できるような」適切な報酬設定をしていないだけの話。

だから、消費者は提示されたサービスを選ぶだけなんだから、無理なら引き受けなきゃ良い。 キャパを超える量を抱え込んで自爆されるくらいなら断ってくれたほうがマシだわ。

ピザの予約問題とおんなじだよね、自分の限界以上に引き受けない、これ大事。

送料無料を宅配業者にお金を払ってないって思ってるやつガチでいそうで怖い

佐川等の経営者がコスト削減しまくっている中、配達等で頑張っている方にはもちろん同情する。  それはそれとして、忙しい中でたかが荷物受け渡しでここまで会話する時間有るか?この時期なんて忙しいの分かっているのだし、下手に引き止めずにさっさとサインして次に移させてあげたいわ。

佐川急便はAmazonから撤退してます。今のAmazonの配達はヤマト運輸と郵便局だけです。理由は佐川急便の宅配部門はほぼ傭車(下請け業者)が配達してますので、傭車のコストが出せない為。ヤマトや郵便局は自社で配達してます。

安い値段で買い叩くAmazon他の荷主が悪であり、それに屈して安い値段で引き受ける運送会社の経営層が無能。しわ寄せが現場に行ってる。この経営責任を抜きにしてはいかんのだ。


荷物をぶん投げてた動画見たときはこのやろおおおとか思ってたけど
この話聞いたらなんか申し訳なくなってきたおおおおお
中にはこんな良い人もいるんだなって
やる夫 感涙 ドバー

末端が苦しんでるのに上の奴らはただあぐらを
かいてるだけとか許せねえお・・・
佐川急便じゃなくて佐川まったり便に変えやがれや
やる夫 怒り 激怒 震える

どんなに給料あがっても、不在だったりしたときに
いちいち戻るのとかヤバイストレスだよな・・・
不在でも荷物を置いてもいいみたいなルールがあればマシになるんだが
やらない夫 腕組み 汗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする