Xboxにとって最高の1年だった・・・ でも、PS4を前にすると何の意味もない、解決策もない


今年はXB1最高の年だったが、それでも十分ではなかった

今年XboxOneは最高の年を迎えました。

素晴らしいハードXboxOneSの発売から、E3での堅実なタイトルラインナップ披露、安定した独占ソフトの供給、そして後方互換性などの機能追加。マイクロソフトが夢にまでみた輝ける一年の始まりでした。

しかし無情にも、それでも十分ではなかったのです。最初からXboxOneSを発売していれば、ソニーの〜2000万台のリードもなかったかもしれません。しかし現実はそうではありません。

この2000万台という差は大きな問題です。マイクロソフトがこの先どう頑張っても、ソニーの前では努力が霞んでしまうからです。ただマイクロソフトは自分がやれることを懸命にやるしかありません。目下のところ解決策はないのです。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

MSには新規IPが絶対的に足りてない


そうそう。ギアーズもフォルツァも素晴らしいタイトルなんだが・・もう知ってるんだよな。xboxは新しいものをするワクワク感があまりない


そして後方互換プッシュばっかw


もう今世代はソニーvs任天堂で良くね?Xboxは死んだんだよ


まぁ来年scorpio出るし、xboxはここからだろ


a80-1

は?死んでないですよ。これからだというのに・・・
すぐそうやって終戦したがるのはよくないですよ
a80

見苦しい、諦めようぜ
a11-5
・・・ぶん殴るぞお前

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする