本日21日は1年で最も日中の時間が短い「冬至」! たくさんの風習があるけどなんかやる?


■ツイッターより


冬至 – Wikipedia

北半球ではこの日が一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が短い。十一月中(旧暦11月内)。
現在広まっている定気法では太陽黄経が270度のときで12月22日ごろ。恒気法は節気を冬至からの経過日数で定義するが、基点となる冬至は定気と同じ定義である。定気と恒気で一致する唯一の節気である。暦ではそれが起こる日を冬至とするが、天文学においては、太陽黄経が270度となる瞬間を「冬至」と定義している。この場合、冬至の瞬間を含む日を冬至日(とうじび)と呼ぶ。

■習俗

星祭
天台宗や真言宗の寺院で行われる「星供養」は、妙見系の神社等で行われる星祭(ほしまつり)とともに俗に「星祭」ともいわれる。各自の生まれ年の十二支に該当する当年星(北斗七星の7つの星が十二支のそれぞれに配当されている)を祀って、無病息災を祈る。

冬至風呂
この日は冬至風呂と称して柚子湯に入る。1838年(天保9年)の『東都歳時記』によれば流行し始めたのは江戸の銭湯からであるという[6]。
またこの日には以下のものを飲食する風習がある。

冬至粥
冬至の日の朝に小豆粥を食す。これを冬至粥という。小豆粥には疫病にかからないという伝承があり[7]、あるいは体を暖めるためともいう。

冷酒
コンニャク

コンニャクを「体の砂払い」と称し、体内の悪いものを掃除するという。

「と」の付く食べ物
冬至の「と」に因んで、とうなす(カボチャ)・豆腐・唐辛子・ドジョウ[9]・いとこ煮。特にカボチャを食べる風習は全国に残っており、今でも冬至の前にはスーパーや魚屋でカボチャやドジョウの売り出しの風景が見られる。冬至にカボチャを食べると中風にならず、あるいは長生きする[10][7]とも、栄養とるためともいう。豆腐は季節柄、湯豆腐にされることが多い。

今日は21日・・・

a15-1

クリスマスまで後数日!
a15-3

お前らクリスマス誰と過ごすの?
a1-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする