3億円事件超え、「6億円事件」が発生! やり方に共通点が!?


偽警官、金塊6億円奪う 博多区の路上、職務質問装い 今春、組織的犯行か – 西日本新聞 

<記事によると>

福岡市博多区の路上で今春、約6億円相当の金塊(約120キロ)が盗まれる事件が発生

犯人グループは警察官風の衣服を着用し、職務質問を装う手口で金塊を盗んでいったという

捜査関係者によると、複数の男性が同区内の貴金属販売店に金塊を売却するためJR博多駅の筑紫口周辺の路上を運搬中、背後から警察官風の衣服を着た複数の男に「警察だ」と声を掛けられた。

 男らは金塊が入ったアタッシェケースを渡すよう要求。ケースを調べるふりをして男性らが目を離したすきに、車に乗って逃走したという。

以下、全文を読む

三億円事件 – Wikipedia

1968年(昭和43年)12月6日、日本信託銀行(後の三菱UFJ信託銀行)国分寺支店長宛に脅迫状が届いた。翌7日午後5時までに指定の場所に300万円を女性行員に持ってこさせないと、支店長宅を爆破するというものであった。当日、警察官約50名が周辺に張り込んだが、犯人は現れなかった。

4日後、12月10日午前9時30分頃、日本信託銀行国分寺支店(現存せず)から東京芝浦電気(現・東芝)府中工場へ、工場従業員のボーナス約3億円、正確には2億9430万7500円の現金が入ったジュラルミンのトランク3個を、輸送中の現金輸送車(セドリック)が、府中刑務所裏の府中市栄町、学園通りと通称される通りに差し掛かった。

そこへ白バイ隊員に変装して擬装白バイ[注釈 4]に乗った犯人が、オートバイに被せていたと思われるシートを後方に引っ掛けた状態のまま現金輸送車を追いかけ、現金輸送車の前を塞ぐようにして停車した。

現金輸送車の運転手が窓を開け「どうしたのか」と聞くと、「貴方の銀行の巣鴨支店長宅が爆破され、この輸送車にもダイナマイトが仕掛けられているという連絡があったので調べさせてくれ」と言って、輸送車の車体下周りを捜索し始めた。

4日前に、支店長宅を爆破する旨の脅迫状が送り付けられていた事もあり、その場の雰囲気に銀行員たちは呑まれていた。犯人は、輸送車の車体下に潜り込み爆弾を捜すふりをして、隠し持っていた発炎筒に点火。「爆発するぞ! 早く逃げろ!」と銀行員を避難させた直後に輸送車を運転し、白バイをその場に残したまま逃走した。

この時銀行員は「警察官」が爆弾から遠ざけるために輸送車を退避させたと考え、「勇敢な人だ」と思ったという。しかし、路上に残った発炎筒が自然鎮火したのち、オートバイに詳しい輸送車運転手が残された白バイが偽物と気付いたことから、「警察官」は偽者であり現金強奪事件であることが早くも判明した。

9時50分に伊豆・小笠原を除く東京都全域に緊急配備が敷かれた。奇しくも、この日は毎年恒例の歳末特別警戒の初日であった。警視庁は要所で検問を実施したが、当初は自動車の乗換えを想定していなかった事もあり、当日中に犯人を逮捕することが出来無かった。

<この記事への反応>

一般人じゃないならどうでも良い事件!


6億円もの金塊が盗まれて、それが半年も経ってから、ニュースになるって、どういうこと??


見出しを見て【えー!それ大変だね!】と思ったが、内容を見てうん、どっちもどっちかもしれないんじゃないかな?ってなった。


よく分からない事件だな。120キロもの金塊を貴金属店に売却するため運搬中って、普通じゃないよね。被害者側もかなり怪しい。


昔の3億円事件を思い出した……
しかも、手口も似たような感じ……


6億円・・・金塊ってそもそもなにこれ?一般人??
a2-1

犯人捕まるといいっすよね、まじで
暴力団が関わってるってなんかきなくさいけど
a1-5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする