【感動】フライデー襲撃事件を起こした「ビートたけし」さんから成宮寛貴さんへエール! 「やめなくてもいいんじゃないの。俺みたいに図々しくていい」

■過去記事
【速報】コカイン疑惑の俳優・成宮寛貴さん、芸能界引退を発表!!
【議論】成宮寛貴さんの芸能界引退、「 #フライデー廃刊 」の声がネットで大量発生! 薬物疑惑そのものよりセクシャリティのアウティングが問題
成宮寛貴さん芸能界引退のキッカケを作ったとして批判殺到中のフライデーがコメント

フライデー襲撃事件 – Wikipedia

フライデー襲撃事件(フライデーしゅうげきじけん)とは、1986年(昭和61年)12月9日、お笑いタレントのビートたけし、たけし軍団ら12名が写真週刊誌『フライデー』 (講談社)の編集部を襲撃した事件である。

1986年12月8日、東京都渋谷区の路上で、ビートたけし(以下「たけし」、当時39歳)と親密交際していた専門学校生の女性(当時21歳)に対し、『フライデー』の契約記者が、女性が通う学校の校門付近でたけしとの関係を聞こうと声をかけたが、それを女性が避けて立ち去ろうとしたため、記者が前方に立ちふさがってテープレコーダーを彼女の顔に突きつけ、手を掴んで引っ張るなどの行為に及び、頸部捻挫、腰部捻傷で全治2週間の怪我を負わせた[1]。

これに怒ったたけしは、フライデーの発行元である講談社に電話をかけ、強引な取材に抗議した上、「今から行ってやろうか」と通告し、翌12月9日の午前3時過ぎ、たけしは彼の弟子集団たけし軍団メンバー11人と共謀して、タクシー3台にそれぞれ4人ずつ分乗し東京都文京区音羽にある講談社本館のフライデー編集部に押し掛け、その結果、暴行傷害事件へ発展した。田中康夫による裁判傍聴記においては、当初たけしは手を出さないよう軍団メンバーに言っておいたものの、当時の編集次長による「自分は空手が得意である」旨の発言をはじめとした、編集部員の挑発的言動が原因で暴行に至ったと記されている[2]。

たけし、成宮寛貴にエール「相手がフライデーだから行きゃあいいんだよ」 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

<記事要約>

・タレントのビートたけしさんが芸能界引退を発表した俳優・成宮寛貴(34)にエールを送った。

・「やめなくたっていいんじゃないの。責任取るような仕事じゃないから、もっと俺みたいに図々しく。
相手が『フライデー』だから行きゃあいいんだよ。
じゃんじゃん嫌がらせの電話とか…怒られちゃうか。
私はあんまり言えた柄じゃないんで、私は具体的にもっと悪いことしちゃったんで」

・「いろんなことを言われるのはしょうがない。それが芸能界だから。人から注目を浴びる商売は、いい面と悪い面が同時にないとダメだね。いろんなことを言われるってことは、それだけ気にかけられてる、売れてるということだと思わないと」

以下、全文を読む

<この記事への反応>

たけしさんだから、説得力ありますね、特にフライデー相手には。

さすが対フライデーへの大先輩

たけしさんらしいエールだと思いますよ
たけしさん自身もフライデーに傷つけられた一人ですものね

フライデーよりも、裏切った友人のほうが許せないのでは。

芸能界に復帰するとしたら、北野監督の映画に出演するかも!


たけしさん、あったけえ・・・あったけえ・・・
成宮さんへの優しさを感じるお
さすが同じフライデー被害者の大先輩!
やる夫 感涙 ドバー

たけしさんから「フライデーにはガンガンいけ」とのお墨付きが出たぞォ!
成宮寛貴さん及びお前ら、アップは出来てますか?
やらない夫 マッチョ 筋肉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする