東京の40代男性「フードの紐に付いた金具が目に当たった!」→メーカーに4000万円の賠償命令


ダウンジャケットに構造上の欠陥 4000万円余の賠償命令 | NHKニュース

ダウンジャケットを着ていた男性が、フードのひもに付いていた留め具が目に当たり白内障になったとして賠償を求めた裁判で、東京地方裁判所は「安全性を欠いていて構造上の欠陥がある」として、衣料品ブランドに4000万円余りの賠償を命じる判決を言い渡しました。

ダウンジャケットのフードには締め具合を調節するゴムひもが付いていましたが、男性は、ひもが腕などに絡まって伸び、そのはずみで留め具が跳ね上がったため左目に当たったと主張しました。

一方、衣料品ブランド側は「ゴムひもの素材はこれまでにも使われていたもので、製品に欠陥はない」などと主張しました。

2日の判決で、東京地方裁判所の澤野芳夫裁判長は「ゴムひもは長く伸縮性があるうえ、先端に留め具が付いていて、顔や目にけがをするおそれがあるものといえる。製品は安全性を欠いていて構造上の欠陥がある」として、4000万円余りの賠償を命じました。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

なんじゃそれ!!

欧米かっ!

なにこの判決

おれも紐引っ張って額にぶつけて流血すればメーカーから4000万取れるな?

ファーストリテイリングって、ユニクロやんか。


紐と金具が付いてるのわかってて買ったわけだし
こんなの完全に本人の不注意だろ
日本の司法もいよいよおかしくなってきたな
やる夫 手のひら おもて

ファーストリテイリングってユニクロとかGUの親会社だな
やらない夫 考える

これはブラック企業の商品ゆえ起こった事故と言えるだろう!!
いいぞもっとやれ!!ブラック企業を許すな!!
aa001

やる夫涙 やらない夫 白目 パンチ

■関連記事
【文春ヤバすぎ】ユニクロ「ブラック言う前にウチで働いてから言え」 → 文春「名字変えて1年働いてみました」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする