FFの生みの親・坂口博信氏「発売当時FF13の方向性は嬉しくなかった 『FF15』は私が最初にFFを作った時のスピリットを取り入れている」


坂口博信氏「FF13発売当時はFFの方向性が気にくわなかった」

FFシリーズの生みの親であるゲームクリエイター・坂口博信氏が、海外メディアglixelの取材に応じていたので紹介します。

以下インタビュー内容を抄訳

記者
「坂口さんがスクウェアを離れた時に私が感じたのが、FFはもう作るべきではないということでした」と植松伸夫さんが過去のインタビューで話してくれたのですが。これに関してどう思いますか?

坂口氏
スクウェア退職時、会社が私の望まない形のFFを作ろうとしていることは感じていました。特にFF13ですね。あれ(FF13が打ち出した方向性)はあまり嬉しくなかったです。

しかし離れて時間が経ってからですかね。私が現場を離れたことで、彼らが自由にやりたいようにできるというのを素直に認められるようになったのは。

FF15では、私が最初にFFを作った時のスピリット(魂・熱意)を取り入れているように感じました。才能ある人々のもとでは、元々FFが持つあの感覚を取り戻すことが出来るのだなと思いました。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

FF13が変な方向に向かってると感じたのは俺だけじゃなかったのか!坂口さんには是非スクエニに戻ってFF作って欲しいw

↑いま戻ったとして、またターン制のFF作るかね?個人的にはアクションRPGよりも格段に面白いんだが

坂口さんにはFF7リメイクに携わってほしい・・・

こいつ今モバゲーばっか作ってるし、才能をムダ使いしてほしくねいんだが


なるほどなーやっぱり坂口さん的にはFF13が出た時はなんかな〜っていう気持ちだったんだねえ
やる夫 PC ふーむ 顎に手

でもFF15は本当にナンバリング最新作として素晴らしい物になったはずだお!
坂口さんもFF15は自分がFFを作った時の熱意とかが取り入れられているってさ!
やる夫 喜び グー2

ファミ通の放送で田端Dと一緒に出てた時も坂口さん「FF15は本当に応援してる」みたいな事言ってたもんなあ
今は坂口さんスマホゲーとかやっててあんまり大きな作品は出してないんけど、またじっくり遊べるRPGを据え置き機で何か出してくれないかなあ
今の若い子に受けなくても別にいいからさ
やらない夫 考える

FF15発売日決定大規模イベントの際も、オープニングで1番最初に登壇したのはFF15ディレクターの田端氏ではなく坂口氏でした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする