プレイステーションVR、ソフト不足であまり売れなそう…


市場調査会社:PSVR年内の販売予想は75万台、当初の260万台から大幅減

市場調査会社SuperDate Researchが先日、PlayStationVRの2016年度販売予想を修正。これまで年内に260万台と予想していたが、大幅減となる75万台未満という数字に変更したことが判った。

SuperDateはPSVR予想売上の減少について「切り売りされたタイトルラインナップ&控えめなマーケティング努力」が原因だと報告している。一方でHTC Viveやオキュラスリフトの予想売上は変わらず、それぞれ42万108台と35万5,088台としている。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

2ヶ月半で260万台とか無理やったんや・・・

現実は厳しいwwww

キラーコンテンツがない現状だしな。75万は妥当だと思う

75万が良いのか悪いのかさっぱり分からん

↑ほぼVIVE+オキュラスの数だぞ?PSがPCと同じぐらいって失敗だろ

PS4Proが出たおかげで、いよいよPSVR買う理由が見当たらなくなったしな


プレイステーションVRはゲーム業界に革新をもたらす!真のゲーマーがこれを手に入れないなんてありえない!
刮目せよ!最強ソニーの力を!!
2

…と、のたまいていたヤツもいたがな、現状、これだ!というソフトが少ない事は否めん
品薄につき、しばらくは再販されても即売り切れという状況は続くだろうが、皆が興味を持っている間にソフトを増やさねばな。今、日本に至ってはサマーレッスンではすはすしているオタクしかおらんぞ??
5

のたまいてたのはお前だろうがあああああ!!
6

■関連記事
『PSVR』は目新しさがなく、つまらない。それに比べ『ポケモンGO』はオリジナリティがあり格段に面白い
【朗報】米TIME誌が選んだ『2016年の発明品ベスト25』に「プレイステーションVR」がランクイン!世界が認めるVR機器に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする