なぜアニメのリメイクは実写化同様に受け入れられないのか? 『おそ松さん』は成功したのに…


アニメのリメーク:どうして受け入れられないのか 「おそ松さん」が受けた理由は…

アニメの実写化などと並んで、賛否両論の意見が飛び交う人気アニメのリメーク。
週に約100本(再放送含む)のアニメを視聴する“オタレント”の小新井涼さんが、
リメークに求められるものを独自の視点で分析する。

実写化と同様、比較される原作を持つがゆえに、拒否反応が起きることもあります。特にキャストを変更したり、映像をCG化したりといった分かりやすい変化には、どうしても「初代の方が……」という意見がつきまといます。

■そんなリメーク作品の前提を覆した異色作が「おそ松さん」でした

リメーク化が発表された当時の反応としては、批判というより「え?今おそ松くん?」「どの層向け?」という戸惑いが多かったのを覚えています。

ふたを開けてみれば、強い反発も無く、新しい作品解釈や世界観はむしろ10〜30代女性という新規のファン層を開拓していきました。そうして、コアなファンがいなくてもリメーク作品は成功するという貴重な前例となりました。

リメークアニメの真の面白さは「作品の新たな魅力を現代に“掘り起こす”」ことにあります。
「おそ松さん」は、原作があったにせよ、無個性だった六つ子をキャラ立てしたことが予想外のブームを生みました。
これぞリメークしたことによる、作品の魅力の再発見です。

これまでのやり方では、リメーク作品にもある程度やり尽くした感が出てくるでしょう。しかし、ふと掘り起こしたものを磨いたらとんでもない宝石になった! 「おそ松さん」で味わったそんな驚きは、マンネリ化の回避にもなるはず。そんな隠された原石の発掘も期待したいところです。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

お粗末さんは素材として受けたんじゃないかと思ってる

おそ松はリメイクというよりリブートだろう

白いキャンバスに絵を描くのと既に絵が書いてあるキャンバスに絵を描くのでは感想は異なるもんやろ

リメークってなんだよ。

リメイクって結構受け入れられてないか?それよりリめーく表記が気になる

やっぱり原作路線もいいけど、新規ストーリーも歓迎よ。ただ、原作で何が面白かったか抑えられていればの話だけどさぁ

アニメじゃないけど花ざかりの君たちへのリメイクは最悪だった。

ガッシュリメイクはよ


みんな最初に見た作品や初代が思い出補正により更に面白く感じてるからね
だから昔からのファンにとってはリメイクが受け付けないって気持ちも分かるよ
やる夫 ミサワ PC前 見下す

             でもな実写化だけは許せねえお!
             変にストーリー変えたり余計なことしやがって!
やる夫マジギレ やらない夫 汗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする