国立国際医療研究センター、国内初となる「男性同士の性感染症」専門外来開設へ


性感染症:男性同士の専門外来を開設へ 国立医療機関に 東京・新宿 – 毎日新聞

東京都新宿区の国立国際医療研究センター(NCGM)に年内にも、エイズウイルス(HIV)感染へのリスクが高いことが分かっている同性間で性行為をする男性を対象とした性感染症(STD)外来診療部門「ハイリスクSTD外来(仮称)」が開設される。

国内でこうした専門外来が設置されるのは初めて。性行動の多様化を踏まえた対応となっている。

 国内では年間、新たに1500件前後のHIV感染者・エイズ患者が報告されている。そのうち男性同性間の性行為による感染が約7割に上り、中でも20〜30代の若年層の占める割合が高い。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

こんな時代がくるとわ…

同性の性感染症、専門外来かぁ…新宿っていうのも意味深

うん、それがいい、それが一番だ…。

ホモ多すぎひん?


お前らホモセすんなとは言わないけどやるならちゃんと予防しろよ!!
相手が男だろうと女だろうとそうれは同じだろ!?
「ゴムを付けない男は挨拶できないのと一緒」という名言を知らないのかよ!?
やる夫 ドンッ 怒り

さすがやる夫くん、いい事ゆーぜ!
心配するな、俺は挨拶のできるおとk…
aa003

筋肉しまえや!
やる夫 やらない夫 やる夫ツッコミ スパーン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする