【弘法筆を選ばず】『オーバーウォッチ』でPC勢に馬鹿にされまくったCS版プレイヤー、PC版に突撃し実力を証明するwww


オーバーウォッチ:PC勢に叩かれたXbox Oneプレイヤー、怒りのPC移行で実力証明 – EAA!!

とあるXboxOneユーザーが『オーバーウォッチ』のプレイ動画を投稿。するとPCプレイヤーたちに動画を罵倒された。

投稿主はTwitchsでの配信も行っているDSPStanky氏。
彼のXbox Oneでのスキルレートは3,840で、グローバルランキングでも550位に位置する上位プレイヤー

しかし2カ月ほど前に投稿されたこちらの動画に

「動きはいいけどPCなら生き残れないわ」
「(スキルレート)2,000ぐらいのプレイヤーかと思ったらコンソールか」
「コンソールプレイヤーはエイム出来ないからな」

などPCプレイヤーからの心無いコメントが寄せられた。

DPStanky氏はこれを受け、2か月後に「Vindication(証明)」というタイトルである1本の動画を公開した。なんとその内容は

・多数の罵倒コメントを受けた事
・PC版に移行したこと

・スタート時点で2700だったスキルレートをどんどん稼ぎ4000まで駆け上る様子

が記録されていた。

彼の現在のスキルレートは3927となっており、USランキングでも1384位とかなりの上位に。

以下、全文を読む

■補足 – 「スキルレート」とは、オーバーウォッチでの”腕前・ランク”を表すものです。

ルシオに関連した画像-03

オーバーウォッチにはライバルプレイというモードがあり、本気でプレイをしたい場合は基本的にこのモードでプレイをします。スプラトゥーンでいう「ガチマッチ」です。

このライバルプレイでは基本的に、自分と近いスキルレートの人だけとマッチングがされ試合が行われます。(自分が2000だったら敵も味方も2000前後の人だけ)

試合に勝つとこのスキルレートが20〜50程度上昇、負けると同様に下がっていきます

PC版とCS版では基本的にプレイヤーの動きのレベルが違う(どうしてもPCの方がエイムがしやすい、”ガチ勢”が多い)ので、CS版でスキルレートが高くてもでも、PC版ではそんなにいかないと言われる事もあります。

スキルレートの上限は5000となっており、プロで活動しているプレイヤーや世界ランキングでトップ層にいるプレイヤー達が4000代で戦っています。勿論プロでも3000代後半の人もいます

今回の動画主のDSPStanky氏がPC版で到達したスキルレート4000というのは、プロとも同じ試合にマッチングされるレベルという事です。

<この記事への反応>

この手の話、たまに聞く。

ワロタ

コンシューマでめっちゃうまい人はPCも凌駕するって言うしな…

すげぇ、ルシオってこんなにアグレッシブに動くのか…

単調に見えるルシオも極めればこんな動き出来るんや。やり込み大事。そしてこのゲームに関してはプラットフォームはなんやかんやで関係無いもんや。

OWのプレイ動画って何がなんだかよくわからんけど上手い人のルシオは正直見てて楽しい

勘違いしないで欲しいのはPCプレイヤーでCS版を見下すコメントをしてる奴なんて一部だけってことかな(´・ω・`)

スタートは2700くらいだし多分PC版の操作にどんどん慣れていったんだろうな

自分PS4でやってるけど、PC版が別世界なのは否定できないよ。PC版で遊んでる知り合いのプレイ見たけど、同じレート帯でもCS勢と動きが全然違かった


すっげええええええええ!!CSでやってたのにPC版いってレート4000ってマジ!?!?
このルシオどうなってんだあああああああ
やる夫 PC バキッ

これはPC版が大した事ないっていうより、多分この人がよっぽどうまかったんだろうな
ただ、使ってるヒーローがルシオっていうのも大きかったかなと思う。
ルシオっていうのはヒーラーなんだけど、超精密なエイムが必要なわけじゃなくて、立ち回りやちょっとトリッキーな動きだったり状況把握や判断が大事なキャラなんだよね。
だからCS版での経験が生きたんだろうな
やらない夫 腕組み 汗

この人はホントに実力があったんだなと思うお
でもPC版とCS版ってホントにもう別ゲーだからなー 
CS版の”上手い”のレベルとPC版の”上手い”のレベルが全然違うんだよね
まあだからと言ってCS版を見下しまくる奴って大体大した事ないんだけど
プロだったり上の人ほど「PCとCSは別」ってちゃんと分かってるからなー
やる夫 PC 汗 ふーむ 顎に手

お前PC版でやれよってずっと放送で言われ続けてるけど、いつPC版に移行するの?
全く活躍できなくなるからってビビってんの?
やる夫&やらない夫 やらない夫 口開ける
PC買うから待って・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする