「ガルパンみたいにアニメで町おこししたい」と言う人の相談を受けたら田舎の闇が深すぎた


■ツイッターより

ガルパンのPの方の話では作品の舞台になっただけでそういうのは期待しないでねという自治体との話があった上で作品が成功して何年かかけて自治体と発展してった経緯を9割方理解してくれない。

「お金は払えない。一銭も」
「成功したら乗っかりたい」
「勝手にやってほしい」

「コストはクラウドファンディングで」

<この記事への反応>

大成功という上っ面だけしか見えてないからねぇ、そういう人たちは。
そして、そういう考えで始めるとほぼ確実に大失敗に終わるという前例がたくさんある事は一切認識できないから厄介。

タダ乗りして儲けたいだけやからなぁ
そんでもって失敗したら文句言うと

ヲタクを単なる金ヅルとしか思わずテキトーな萌えキャラでっち上げて大赤字吐き出せばいいのに

毎年東北で発生する「雪下ろしやってくれる若者募集!交通費宿泊費は自費で」っていうのと全く同じ。

ここまで舐め腐った事を平気で言ってる間は、何をしてもまず成功しない。

大洗はガルパン以前から町おこしにまじめに取り組んでたし、効果が出始めていた。子供から老人まで考えて実行していた。そこにガルパン効果が重なったのであって、1から100までガルパンで潤った町ではない。

大洗は温泉があってメシも美味いからな…
そして首都圏から絶妙に日帰りもできる距離

やはり真似しようとしてもそうそう簡単には出来ないって事か…。

鴨川の話はやめろ


そもそもガルパン級の大ヒットアニメが年に1本もないって言う
はっきり言って博打なんだよなぁ

それでもアニメで町おこししたいと考えてる人は
とりあえず↓の動画だけでも見てからにしてほしい
やらない夫 カウンター 正面

■関連記事
『ガルパン』杉山Pが語る”ガルパンと大洗”成功までの話が深すぎる、「アニメにまちおこしの力なんてない」
『ガルパン&大洗町』成功の理由を現地に行って確かめてみた→これは狙ってできるものではない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする