鉄拳7FRアップデート 11月29日(火)に実施される豪鬼・マスターレイヴン・ギガースの技調整について

鉄拳7FRアップデート内容

鉄拳7 Fated Retribution Ver.Hへのアップデートについてバンダイナムコエンターテインメントは2016年11月29日(火)に行う事を発表していますが、そして公式大会『THE KING OF IRON FIST TOURNAMENT 2016』開催期間中という時期でのアップデートに関しては下記のように発表しています。

全国のゲームセンターや国内外のイベントでのプレイ内容をふまえ、鉄拳プロジェクト内で協議した結果、キャラクターの技調整を行うことにした

鉄拳7FRアップデート キャラクター技調整内容一覧

キャラクター 技名 調整内容
豪鬼 前方ジャンプ
前方ジャンプ中の技
「百鬼襲」
「百鬼襲」中の技
豪鬼のジャンプ動作中を狙って打点の高い攻撃を出しても空振りすることが多かった為、豪鬼が空中にいる際の相手の攻撃がヒットする範囲を大きくしました。
垂直ジャンプ中の技
前方ジャンプ中の技
※「斬空波動拳」「EX斬空波動拳」
「EX空中竜巻斬空脚」は除く
豪鬼のジャンプ動作の着地の隙を狙って攻撃することが困難だった為、攻撃が空振りした際の着地の硬直時間を増やし、後方ジャンプ中に攻撃を出したときと同じ隙を作りました。
「百鬼豪衝」百鬼襲中にLP
「百鬼豪旋」百鬼襲中にLK
「百鬼豪刃」百鬼襲中にRK
「百鬼豪砕」百鬼襲中にLP+LK(or RP+RK)
マスターレイヴン 「スカルクラッシュ」4RKRK 1発目がヒットした際に特定の入力を行うことで意図していない攻撃判定が発生してしまい、通常よりもダメージが増加していた為、修正しました。
ギガース 「レイジドライブ」レイジ中に6WKホールド 特定の技のあとにレイジドライブを発動すると意図していない攻撃判定が発生してしま い、正しいレイジドライブの挙動になっていなかった為、修正しました。
地震発生前に「クレイジーナックル(4RP)」を出すことができた為、修正しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする