『人喰いの大鷲トリコ』について「開発中止を心配したこともあったが、当初のビジョンを実現できた」

■過去記事
PS4『人喰いの大鷲トリコ』 ついに開発完了!7年待ち望んだ大作、12月6日に発売!!

上田氏:『人喰いの大鷲トリコ』開発中止を心配したこともあったが、当初のビジョンを実現できた

2007年に開発が始まり、いよいよ12月に発売を迎える『人喰いの大鷲トリコ』。クリエイターの上田文人氏は海外メディアとのインタビューで心境を語っていた。

GameSpotでの取材で
当初から考えていた構想やビジョンを引き継いだまま(この8年間)開発を進め、ゲームを完成させました。もちろんこの間に多くの変化がありました。しかし元々”色あせないゲームを作りたい”と考えていたので・・。ソニーも最初からそれが分かっていたのだと思います。時代を超えて愛されるような作品にする、というビジョンに忠実であり続けることは大切で、我々はそれが出来たとも思っています」

Geoff Keighley氏との取材で
確かに開発中止が頭をよぎったことは何度かありました。しかし幸運にも、ファンの皆様に望まれるようなタイトルだったので、プレッシャーは大きかったですが、それがゲーム完成まで良い刺激になっていましたね」

以下、全文を読む

<この記事への反応>

古臭く感じなければいいが・・少し心配

色褪せないゲームを作ったみたいだから大丈夫だろ

同じようなFPSが人気の今のゲーム業界を良い意味で壊してくれるような作品になってるといいな

ゲーム性はICOなんかと同じみたいだし、ストーリーに期待


ユーザー達からは開発中止の噂も出てたけど、開発陣の中でもそういった空気にはなってたんだなー…
ホント、無事に発売される事に感謝ですお!
6-0

ワンダというよりはICOっぽいよな
果たして、どんな”色あせないゲーム”になるんだろうな〜
19-2

ICO

発売日:2011-09-22
メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメント
カテゴリ:Video Games
セールスランク:3726
Amazon.co.jp で詳細を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする