【伝統行事終了へ】 虐待だ!凶悪事件を連想させる!のクレームで風変わりしてしまった伝統。 ← 怒りの声続出!


ナマハゲが優しくなって宿題の面倒まで見てくれる | ニコニコニュース 

<記事によると>

男鹿半島から南に下った秋田県にかほ市。この地にはナマハゲに似た「アマノハギ」という伝統行事が存在する。小正月の1月15日、家々を訪ねて子供を戒めるのはナマハゲと同じだ。ところが近年、「あまり子供を怖がらせないでほしい」との要望を受け、“鬼”が優しくなっているという。

 アマノハギの主催者側が事前に各家庭に電話連絡すると、そもそも訪問を拒まれることも多い。

そこで子供を戒めるだけでなく、宿題の面倒を見る“オプションサービス”が登場したというのだ。奇怪な風貌の「アマノハギ」が玄関先に現れると、子供たちは最初ギョッとするが、「宿題やったのか、どれ見せてみろ」などと優しい言葉をかけられるうちに場はなごみ、楽しげにテーブルを囲むことさえある。

男鹿市観光協会の佐藤豊さんが語る。
「子供をいじめているように見えるらしく、『児童虐待ではないか』と言われることがあります。過去には『包丁は凶悪事件を連想させる』といった指摘さえありました」

以下、全文を読む

<この記事への反応>

これによりまたクソ生意気なガキが量産されるわけですね。


は?なにそれ…昔秋田に住んでた時、幼少の俺を泣かせた(記憶には無い)なまはげはもういないのか

あほくさ〜。モンスターも大概にしとかんとね。伝統をつぶす気かい?

ついに伝統までクレーマーは現れたか・・・「クレーマーはいねーかー」


地域の伝統文化を学ぶいい機会じゃないの?本来の意味を学んで子供の教育に活かすのが親のやることじゃねえの?こんな下らない理由で伝統文化を否定するとか愚かすぎ


そんなもんを児童虐待って言うなら、宗教的理由による割礼も虐待だろ。生まれたばっかの子に洗礼受けさせるのも信仰選択の自由を奪う一種の虐待だぞ。


悪い子はいねぇ〜がぁ〜・・・・あ、いた
a30

悪い子はいねぇ〜がぁ〜
a20-1

悪い子はいねぇ〜がぁ〜
a20-2

・・・うちの伝統も廃止にしてくれませんか?
a183

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする