ヘビの遺伝子をマウスに注入→手足のないマウスが生まれる なお”人間にも応用可能”


【衝撃】ヘビの遺伝子をマウスに注入→手足のないマウス誕生!! 理学博士「もちろん人にも応用可能」 | ニコニコニュース

ヘビの進化に関わる、とある驚くべき研究成果が学術誌「Cell」に発表されて話題を呼んでいる。なんと、ヘビが手足を失った原因は遺伝子のほんのわずかな欠失にあり、それをマウスに導入すると、マウスの四肢も欠損してしまったのだという。

論文によると、ヘビの手足の消失には「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」という遺伝子が関わっている。ソニック・ザ・ヘッジホッグは生物を形づくる重要な遺伝子の一つで、ショウジョウバエからヒトまで幅広い生物に保存されている。受精卵が分裂し、胚が発達して形を作る過程で大きな役割を担う遺伝子として古くから知られており、今なお世界中で研究の対象となっている遺伝子だ。

ちなみに、その名前は、お察しの通りゲームの有名キャラクターに由来する。

このソニックヘッジホッグ遺伝子には、「エンハンサー」と呼ばれる遺伝子の発現を調節する領域があるのだが、ヘビのものには他の動物には見られない塩基対の欠失がある。そこで、コブラの遺伝子から問題の領域だけを切り取って、マウスに導入した。すると、驚くべきことにコブラのエンハンサーを持つマウスは、ヘビのように四肢を欠損して生まれてきたというのだ。

この論文について、生物学に詳しい理学博士X氏に詳しく見解をうかがった。

「この研究を応用すれば、手足のない犬や猫とか、逆に手足の生えたヘビなどを生み出せる可能性は高い。そんな犬猫やヘビに需要があるかは分かりませんが。ただ、この技術を応用すれば、家畜や愛玩動物の体の形を人為的にデザインできる可能性は高い。そしてもちろん、この技術はヒトへの応用も可能です」

以下、全文を読む

<この記事への反応>

これはすごい

こわい

>家畜や愛玩動物の体の形を人為的にデザインできる可能性は高い。
なにそれ鬼畜(꒪⌓꒪)

手足の無いマウスを生じさせるより、手足のある蛇になぜしなかったか!。可哀想に。

蛇に手足生やしたらただのトカゲじゃん…

逆に言うと人間では退化している尻尾が遺伝子欠損であれば、そこを取り替えることで尻尾を生やすことが可能になるかもしれない。

この研究が進んで、生まれつきに手足の無い障害が無くなったりすれば素晴らしい事だな

ソニック・ザ・ヘッジホッグだとwwww 絶対ネタだろこれwwww

ソニック・ザ・ヘッジホッグ遺伝子は学者のソニックファン(海外にめっちゃ多い)が付けた正式な名称。由来はゲームのソニックで正解

ちなみにピカチュリンって名前の遺伝子も存在する。


この技術を応用すれば人類にネコ耳を生やすことも可能なのでは!?
aa008

できるたとしても誰もやらねーよ…
やらない夫 白目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする