ガンを克服した少女、後遺症を理由にイジメにあい自殺


CNN.co.jp : がん克服の米少女、いじめ苦に自殺 笑顔うまく作れず – (1/2) 

<記事によると>

米オハイオ州の小学校に通う11歳の少女が、学校で執拗ないじめに遭って自殺した

小学6年生のベサニー・トンプソンさんは3歳の時に脳腫瘍と診断され、放射線治療を受けて2008年にがんを克服した。しかし治療の過程で神経を損傷し、笑顔がぎこちなくなった。

少女は脳腫瘍の治療の後遺症で笑うと表情がゆがむ症状があり、これを理由にいじめを受けていたという

母親はベサニーさんが自殺する2日前、校長にいじめのことを相談し、校長は調査中だと説明していたという。

以下、全文を読む

まじかよ・・・いくらなんでも辛すぎるだろ
乗り越えられたのにこれはないぜ、あんまりすぎるだろ
a5-1

いじめた側になにかないんですかね・・・
海外ドラマとか見てると向こうのいじめは強烈なイメージだわ
a2-2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする