中2から6年間”ひきこもり”を経験した「髭男爵」山田ルイ53世さんの言葉が深い


■ツイッターより

「みんながキラキラしてないとだめだっていうのはウソです。みんなが輝かしいゴールを切れるわけでもないのに、「みんなそうなろう」って風潮があり過ぎる。なんにも取りえがない人間が、ただ生きていても、なんにも責められれへん社会、いうのが正常です」

社会適応しているように見えるのは、たまたま事故に遭わなかっただけ

運が良かった人生を基準に他人を批判するのは視野狭窄

<この記事への反応>

ほんとそれな…

凄く同意。みんながみんながって同調圧力鬱陶しいときがある。

まったく同意。凡人が平凡に生きられる社会を望みます。

変にキラキラした記事が多いからフェイスブックが苦手なんだよな…人生盛らなくて結構

「引け目の利子」みたいなのがどんどんたまるって共感できる。

記事では「僕の場合は引きこもった6年間は無駄だった」って言ってる。私の場合も確かに無駄だったかもしれない。けど必要な期間だったと思う。

「6年間はムダやった」ていう言葉はけっこう救いになるんじゃないかな。ムダじゃなかったて言われたらそれはそれでプレッシャーかかるしなと思う自分。

山田ルイ53世は個人的にとても好感を抱いている。

この人の文章力すごいすきだし こうゆう真っ直ぐな綺麗事じゃない意見ってすき

全然ルネッサンスじゃない…
苦労してたんやな


皆が皆キラキラした人生を送る必要はないんだ
なんの取り柄もない人を攻める権利なんて誰にもないんだ
僕みたいなニートだって堂々と生きていいんだ
だってそれが僕らしい生き方なんだから
今日も働かないで食う飯がうまい!!

お前は働こうと思えば働けるだろうが
怠ける言い訳に利用するなクズ
本当に社会復帰ができなくて困ってる人たちも
お前と同じクズだと思われたらどうすんだ殺すぞ
aa007
(次の日やる夫は就職先を探した)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする