【知ってた】大学で留年しやすいタイプの学生は遊び人のリア充タイプではなく、いざという時友達を頼れないコミュ障だったと判明(´;ω;`)

■ツイッターより

<この記事への反応>

器用な人、ずるい人が強者であり、
生き残る可能性が高いのが現実ですね… すごく悔しい…

友達にノートなどをお願いするのはおかしくもずるくもない。
「休んだときのことを質問できる」は一つの能力。
コミュニケーションせずにできる仕事なんてないので当然、必要。
コミュ障は真面目で勉強できるというバイアスかかりがちですが、
そういう人達が成績いいとは限らないし。

友達でも無いのにノートやプリント見せてもらう能力って
ハイレベルだったのか(体験談)(^_^;)

授業ごとに人が変わるから友達できにくい

ノートや課題は「ほんまにしゃーないやつやなー」とか言いつつ
連れが必要な物を揃えてくれた記憶しかない
今でも連絡取り合ういい奴です

真理だと思います….

これすぎて泣いてる
教科書忘れたけど見せてくださいっていえなくて休む授業とかもあるし…

これをおかしいとかずるいとか文句言う
真面目なつもりの真面目系クズって
親や教師から与えられた言いつけに身を委ねて
思考停止していただけのデク人形タイプな気がする(非有能)
本人は自覚が無いだろうけど

コミュニケーションがアレなためにノートを貸してくれる友達ができずに
#留年 っていうパターンだと次の年に #留年生 として
別学年のお友達を作ってコミュニケーションしなければならなくなるという
ハードモード #この世界は残酷なんだ


実はオレもこれを先生に面と向かって言われた事あります・・・
「留年しやすいタイプ」って多分どこの大学でも同じなんだろうなあ

元ツイには「ずるい」って言うコミュ障からのリプライが多かったけど
本当に真理だからね、これ!
これから大学行く人は友達とまでは行かなくても
最低限教室内で声をかけられる知り合いは作っとけ!
サークル活動に参加するのも授業の貴重な情報網になるぞ!
大学の授業は小中高みたいに
全生徒が先生に個別にかまってもらえる形じゃないからね!
自分で行動を起こさない消極的な学生は
誰も止めてくれないからそのままフェードアウトして落ちこぼれるんだよ
やらない夫 男泣き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする