【悲報】『CoD:IW』 課金勢が対人戦で圧倒的に有利になるシステムとなる


COD IWの課金は対人戦に有利不利をもたらす

昨今のAAAタイトルではもはや当たり前になったゲーム内課金ですが、スキンやジェスチャーなどを変えるようなものが主であり、それこそゲームバランスを壊してしまうような課金は滅多にないでしょう。

しかしシリーズ最新作『コールオブデューティ インフィニット・ウォーフェア(COD IW)』では課金したプレイヤーに有利なシステムが取り入れられているようです。

それが「あまりにも酷い利益優先型のシステムだ」と問題になっています。

記事によると
・本作の武器アップグレードは、プレイに応じて獲得したゲーム内通貨”Salvage”を消費してアンロックする必要がある
・”レジェンダリー”の武器を獲得するにはいくつかの武器を最高レベル”エピック”まで鍛え上げる必要があるのだが、それにかかる”Salvage”は5840。7〜15分程度の対戦で獲得できる”Salvage”は10ほどなので、5840集めて1つの武器を”エピック”にするのに必要な時間は約97時間となる
・ここに時間を使えない場合は、プレイヤーは”Salvage”が多く出る宝箱を課金購入できる仕組みだ

以下、全文を読む

<この記事への反応>

COD死ねよ

課金勢が圧倒的に強くなるシステムに進化のないエンジン、ゲームも今やオリジナリティなんてないし・・なんでこんなゲームが売れるのかサッパリ分からん

こういう課金要素が許される環境を作ってきたのはお前らゲーマーだってこと忘れちゃいけないわ


ええ、なんだよ、なんなんだよこれぇ…
課金すると圧倒的有利って、スマホゲーじゃないんだからさあ…もう、CODは駄目なのかなぁ…
3

課金すればいいじゃん????
9

・・・・・・・・
9

えっ、課金すればいいじゃん、そんなの、別に、いいじゃん???
9

■関連記事
『BF1』のプロゲーマーが『COD:IW』をディスりまくるラップを投稿!「発売延期しろ!」「BFなら知れる性の喜び」 : オレ的ゲーム速報@刃

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする