「オレの悩みなンか宇宙の広大さに比べたら…みたいに自分と比べる分母が大きい時は、相当自分が弱っている証。直ぐに休むべき」 by 小池一夫先生


■ツイッターより

<この記事への反応>

自分を自分で苛め抜いて幸せになれるわけがない。他人と比較せずに、遠い未来に怯えずに適当に生きる。適当とは悪い言葉ではない。


自分の課題から逃げる人は「言い訳」を作ることで心の葛藤を晴らそうとするそうです。心の健康な人は出来ない「言い訳」を思い付くのではなく、出来る「工夫」をしようとするのです

逆に宇宙の広さとどっこいの悩みなんか持っちゃったらもう諦めるしかないですね(笑)


「もっと大変な人はたくさんいる、もっとツライ人はたくさんいる、もっと頑張ってる人はたくさんいる」も同じですよね(T_T)私はいつも自分にこれを言ってしまって、疲れてしまいます。つらさなんて比べるものじゃない。本人がつらければ、小さなことでもつらいのに。


同感です。
自分の辛さを何かと比べるのは良くないです。
辛いなら辛い、休まないと身も心も不健康になってしまいます。


壮大な事を考える人は何かが欠乏していて、日常の小さなことで十分と思っている人達のエリアも侵食してくるんですよ。それが大ッキライです。


小さなことから充実感なり達成感なりを感じられるのが理想ですよね。


お前の悩みなんて小さいもんだよ
彼女いない、友達いない、仕事してない、ネットの嫌われ者
親からは毎日いびられ、ただただ汚くて醜い
ほらね、まだまだ大丈夫!!

ボクは大丈夫、まだまだ大丈夫・・・
アハハハハハハハハハハハハハハハ
a162

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする