『ニンテンドースイッチ』のVR対応について → 任天堂・君島社長「可能性が“ない”とは言い切れない」


Nintendo SwitchのVR対応や3DSの今後について任天堂の君島社長がインタビューで明かす

任天堂代表取締役社長の君島達己氏が海外メディアのBloombergのインタビューを受け、
Nintendo SwitchのVR対応や今後の展開が気になるニンテンドー3DSについて答えています。

Nintendo Switchは外に持ち出せる携帯ゲーム機としての機能を持ち合わせており、すでに発売中のニンテンドー3DSと機能が似ている点があります。君島氏によれば、「ニンテンドー3DSは、Nintendo Switchに飲み込まれるということではなく、むしろニンテンドー3DSとしての道を進んでいくと我々は考えています」と話しています。

また盛り上がっているVRについても意見を述べています。君島氏は「我々はVRに興味がないということはなく、大きな興味を抱いています。VRは新しいゲーム体験を提供できますが、VRが提供できる新しいゲーム体験は、ソフトウェアとそれをどのようにプレイするのかによります。VRはゲーム以外の体験にも新しい方法を示しますし、その部分は我々も楽しみにしているところです」と話し、さらに「Nintendo SwitchはVR対応になるか?」という質問に対して「可能性があるかどうかという点については、『ない』と言い切れません。VR対応のゲームについては我々も考慮しなければならない部分でありますが、システムの仕様によりけりです」と答えました。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

ネットで繋がれる現在、友達と集まって遊べる任天堂はほんとありがたい

VR の動向を傍観していく姿勢なんだろうか。

やっぱり3DSとは別路線なのか

3DSの今後、しばらく後継機出さないからNew買えやっていってる感じがする

お願いやめてMH持っていかないで…


任天堂はVRを作ろうと思えば作れるけども
“あえて”様子見してるんだよなぁ そう、あえてね
やらない夫 コスプレ クッパ ノーマル

良い案が浮かばず他のVRと競合したくないから
手出さなかっただけだろ
やる夫 パンチ やらない夫 目が飛ぶ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする