コミケスタッフが語る“存続の危うさ” 簡単に中止に追い込まれるほど危うい状態だった


■ツイッターより

<このツイートへの反応>

コミケットが潰れるかも知れない、という考えがそもそも無い参加者が増えていると思います。


徹夜組って本当に厄介なんだよね。並ばせないって締め出すと、住宅街の中に散らばって更に悪さするのが目に見えてるし。何人か凍死でも衰弱死でもすれば連中もやめるだろと思っても、一人でも死者が出た時点で大問題化してコミケ自体が吹っ飛びかねないし。某所の自治体が受け入れを申し出てるんだけど、始発より先に並びたいってやつは消えないし。現状打つ手が無いんだよね、困ったことに。


ぶっちゃけ会場で人一人刺されりゃコミケは簡単に潰れる。単に犯罪者になってまでコミケ潰す覚悟がある奴が誰もいないだけだ


今の運営の仕組みはよく知らんけど、企業ブースってのをやめるだけで徹夜してる奴らのモチベーションは半分以上無くなったりはしないのだろうか。それとも企業参加は運営費確保という点で不可欠なのか?


そもそも徹夜するのが目的のヤツもおるらしいと聞いている(列形成始まったら帰るとかなんとか)ので良くも悪くも”お祭り”なんだろうな、と言った感想


↑ 今年の夏コミは3日目が企業スペース無しでしたが、その日の徹夜組が激減したなんて話はついぞ知りませぬ。 転売目当ての連中は壁シャッターのサークルに移行するだけですし、今じゃ徹夜すること自体が楽しい(中には開場したらそのまま帰る奴も)すらいるのでほとんど手詰まりです


コミケはみんな参加者って前からずっと言われてるのにな
お客さん気分の奴が増えたのかねぇ・・・
簡単に潰れるっていうのは言い過ぎかな?とも思うけど、それもずっと言われてるからなぁ

冬コミまであと少しだからな!みんな気をつけろよ!
dcb4a65b

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする