【損失3億円】赤城乳業「『ガリガリ君 ナポリタン味』は取り返しのつかない失敗作だった。二度とまずいアイスを作ってはいけないと気がついた」

■過去記事
【黒歴史】 『ガリガリ君 ナポリタン味』で3億円の大赤字を叩き出していた事が判明wwwwwwww

ASCII.jp:ガリガリ君3億円損失に学んだ「ナポリタン味、取り返しつかない失敗」|寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」

<記事要約>

 赤城乳業は“ガリガリ君リッチ衝撃三部作”に続く新作となる「ガリガリ君リッチ メロンパン味」を発表。
ガリガリ君リッチシリーズの中でも「ガリガリ君リッチ ナポリタン味」があまりにも不評で売れなかったため、同じ轍を踏まないとして「おいしいガリガリ君」をコンセプトにつくったというのが今回の新作です。

10月27日に開催された商品発表会では営業本部 マーケティング部 萩原史雄部長が、ナポリタン味のもたらした悲劇について明かしてくれました。

一作目、コーンポタージュは3日で品薄になってしまうという記録的な売れ行きを見せたもので、第2部であった江崎グリコとコラボしたクレアおばさんのシチュー味もヒットを飛ばしたそうなのですが。

 「ここでやめればよかったのに、そのあとにガリガリ君ナポリタン味を発売しました」

 経緯としては「コーンポタージュやった、シチューやったとなると、みんなが“次はカレーだろう”とか予測をしはじめたんですよね。そこで予測をされたくないな、ということで“ナポリタンを出せばだれも読んでないだろう”とハードルを上げ続けて勝手に自爆をした」

「取り返しのつかない失敗をしまして、会社に関しては約3億の損害を与える結果となりました。やっと2年ちょっと経過して、ほとぼりがさめたので今回衝撃三部作に続く次のシリーズを発表することになりました。ありがとうございます」

 萩原史雄部長は最後に
「やはりおいしいということで。ナポリタンで高い授業料を払って、やはりおいしくないアイスとかまずいアイスをつくってはいけないと気がつきまして、メロンパンをアイスにすればおいしいだろうと開発にあたりました」と語りました。

 その顔には3億円の損失にめげないすがすがしい笑みがありました

以下、全文を読む

<この記事への反応>

3億円の授業料……

コーンポタージュ味がヒットしてしまったのが
全ての過ちだった

「まずいアイスを作ってはいけないと気がつきまして」
wwwww

ペプシのキュウリ味作った人にも聞いてもらいたい

「ハードルを上げ続けて勝手に自爆をした」
いさぎの良い自己分析

ではここで四次元殺法コンビの名言AAを御覧ください

赤城乳業 ガリガリ君 ガリガリ君ナポリタン味 ナポリタン味 失敗作 まずいアイス メロンパンの皮味に関連した画像-03

これが三億円事件の顛末である


ガリガリ君メロンパンの皮味は、あれで学習してたからかwwww
「まずいアイスを作ってはいけない」と気がつくのが遅すぎたwwww
やる夫 吹き出す ブーッ!

良くも悪くもノリが良すぎる楽しい職場なんだろうなあ
その結果大暴走する事もあるけど、ちゃんと失敗は活かせてるし
素敵な企業やん
やらない夫 腕組み 笑顔

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする