あなたの目は大丈夫?スマートフォンの使い過ぎによる「スマホ老眼」に要注意!

「ゲームは1日1時間」

ゲームをプレイしている方ならこの言葉を耳にしたことはあるはずです。1時間に限った話ではありませんが、長時間ゲームすると目が疲れ視力の低下、筋肉のけいれんを引き起こしてしまいます。
ゲームは現在スマートフォン(スマホ)でもプレイすることができ、どこでも誰でも気軽にプレイできるようになりました。ゲームだけではなくスマホは普段の生活には欠かせないもの。
スマホを使い終えた後ふと視線を上げると「ピントが合わない、目がかすむ」なんてことを感じたことがあるあなた、それ「スマホ老眼」かもしれません。
スマホ老眼になってしまったかわかるチェックリストがありましたのでご紹介したいと思います。

あなたは大丈夫? 「スマホ老眼」チェック

□ スマホを1日に、のべ3時間以上操作している
□ スマホの操作直後、画面から目を離すと、周囲の視界にピントが合わない
□ 遠くを見ていたあとに近くを見ると、ピントが合わない(目がかすむ)
□ 近くを見ていたあとに遠くを見ると、ピントが合わない(目がかすむ)
□ 朝はよく見えていたスマホの画面が、夕方になると見えにくくなっている
□ 以前は読めていたスマホの文字が、最近読みづらくなっている
□ 原因はわからないが、肩や首の凝り、頭痛などが以前よりひどくなっている

引用元:Yahoo!JAPANニュース

上記項目に該当するほど「スマホ老眼」の症状がみられているかと思います。
パソコンに比べ至近距離で見続けるのが原因となっており、強度近視の原因にもなるので、早めの対策が必要となります。特に若年者の方々、大人になるまでに「強度近視」になってしまうと将来緑内障や網膜剥離など失明のおそれのある病気のリスクが高まるので注意しましょう。
まだ老眼でない大人の方でもスマホの使い過ぎから強い目のかすみや疲れ目などを起こし、老眼が加速してしまう恐れもあります。

スマホは便利で昨今の生活から切っても切り離せない関係ではありますが、使いすぎて目を悪くしてしまっては元も子もありません。ましてやe-Sports選手は目が命。アスリートの体調管理の一環といっても過言ではありません。
目の疲れを感じたら無理せず休憩し、疲れ目用の目薬や温熱アイマスク等で目のケアを行いましょう。

The following two tabs change content below.

「バーチャファイターシリーズ」を14年プレイしていて、エルブレイズ業界では5本指に入るベテランプレイヤー。最近では「鉄拳シリーズ」といった3D格闘ゲームをメインにプレイしている格闘ゲーマー。

どんぶり