【eSportsニュース】東京ヴェルディがeSports参入を発表

東京ヴェルディがeSports参入を発表

eSportsにサッカーJリーグのクラブとして有名な東京ヴェルディが参入を表明し、Jリーグクラブとして初めてeSports部門を立ち上げると発表しました。東京ヴェルディといえばJリーグ創設当時からキングカズこと三浦知良やラモス選手、武田選手や北澤選手など、日本代表でも活躍したスター選手を数多く輩出してきた名門クラブですが、今回はeSports部門を立ち上げてサッカーに続いてeSportsでスタープレイヤーを輩出していく事になるのでしょうか。気になる今後の取り組みについて東京ヴェルディが発表している内容をまとめさせていただきました。

東京ヴェルディのeSports参入目的と今後の展開

まず東京ヴェルディの最初の取り組みとしてエレクトロニック・アーツ社(EA)の
サッカーゲーム『FIFA』の専属プレーヤーの公募を行います。そしてeSports部門の詳細と今後の展開として下記の3つをあげています。

  1. 新たなファン・スポンサー獲得に向けて
  2. 海外への活動展開の媒介として
  3. クラブフィロソフィーの体現方法として

3つの内容を簡単にまとめてみましたのでご覧下さい。

1 新たなファン・スポンサー獲得に向けて

eSportsを通じて新たなファンやスポンサーの獲得を目指し、将来的にはeSportsで得たファンや収益をサッカーに還元することで新たな総合型スポーツクラブを目指す。

2 海外への活動展開の媒介として

海外で既に人気の高いeSportsの大会やイベントに参加することで海外市場への進出を目指す。

3 クラブフィロソフィーの体現方法として

国内で発展途上のeSportsに参戦参入することで東京ヴェルディが掲げるクラブフィロソフィーを体現。

東京ヴェルディの『FIFA』専属プレーヤー公募詳細

今回東京ヴェルディが募集している専属プレーヤーの公募詳細です。

【必須条件】
・日本国籍を有する18歳以上の日本人で、日本語によるコミュニケーションに不自由しない方
・東京ヴェルディ所属のプロゲーマーとして自覚を持った行動ができる方
・チームや出場する大会が定めるルールに従える方
※大会・チーム参加経験があり、優秀な成績を収めている方を優遇

応募方法、その他参考情報は公式Webサイトをご覧下さい。

公式Webサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする