残業厳禁を1年間続ける→意外な結果にwwwwww


「残業厳禁」を1年間続けた結果 「他人の仕事を手伝わなくなった」 – ライブドアニュース

残業厳禁を1年間続けた人物に訪れた3つの変化を紹介している

1.「『余計な仕事」』をしなくなる、命令できなくなる」
「仕事の量は変わらないし、締め切りも変わらない。だから、皆『余計な仕事』を減らすようになる」

2.「ボトムアップからトップダウンになる」
「上司から命令される仕事だけで手いっぱいである。だから、必然的に仕事はボトムアップからトップダウンとなる」

3.「会議・ミーティングが減る」
「会議は一番時間の無駄なので、削減される。このためますます合意形成という形ではなく、上意下達方式になる」

「会社の意思決定を完全にトップダウンにしないといけない」「部下は命令されたこと以外はやらないものと心得なければいけない」「その仕事がはたして定時に終わるか考えながら上司は命令しなければいけない」「会議・ミーティングは時間の無駄だから減らさなければいけない」
これらが出来ていないと定時退社制度は失敗して、ただのサービス残業強要になってしまう恐れがあるのだという「定時退社制度は会社の文化をかえるということ。」

結果、「1年を通じて勤労意欲は激減し、他人の仕事を進んで手伝う事もしなくなったし、突発的な仕事や他人から頼まれる仕事を憎むようになった」「新しい仕事の企画も考えるだけ無駄なので考えなくなった。(もちろん正式な仕事として割り振られれば別だが。)」とのこと

以下、全文を読む

<ネットでの反応>

そりゃそうだろうな。

社員を誠実に部品として扱うという締め、なかなか良い表現だ

ありとあらゆる無駄を省けば当然こうなる。余った時間を自己の研鑽に回すか趣味に放り込まないと鬱になるのでそこだけ注意すべきなのかな。

会社の姿としては至極全うなものに見えます。っていうか、これが本来あるべき姿なのではないか。そこから余裕が生まれれば、教育に力を入れればいいのでは。

一人の仕事が既に限界を越えている某社はどうなるんだろうねw


なるほど、残業厳禁すればなんでもかんでも上手くいくというわけでもないんだね
その会社の文化事態を変えないと…でも確かに、それでも今よりはマシなのかも
21

まあボクは働いてないからどうでもいいっていうかなんていうか〜〜
18

確かにお前の存在価値なんてどうでもいいっていうかなんていうか〜〜〜
4-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする