「死刑は国家による殺人。戦争と同じように人の命を国家が奪う死刑も違憲」


「死刑は国家による殺人」「憲法に適合するか考えるべき」弁護士らが議論 | ニコニコニュース

<記事によると>

死刑制度について考えるシンポジウム「響かせあおう 死刑廃止の声2016〜死刑と憲法〜」 が都内で開催された

福島議員は、「国家による殺人は戦争と死刑執行の2つ。政府は強大な権限を持っているが、人の命を奪うことはできないはず。戦争はできないと定めているのが憲法9条。戦争と同じように人の命を国家が奪う死刑も、違憲と言えるのではないか」と話した

伊藤弁護士は、「死刑は人の命を奪うという最大の人権侵害。天皇主権の時代は天皇の名で(死刑)判決が出たが、今は国民主権なので、国民の名で死刑判決が出るといえる。主権者である国民が、国家による殺人を正当化している」と語った。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

殺された側には「悔しかったら化けて出てみろや」ってか。


てことは、最大の人権侵害である殺人と釣り合ってるってことじゃん。


憲法を語る前に、社会を脅かす存在を社会が保障することになる矛盾を先ず明らかにしろ。


一体この人たちは誰のために政治したり、弁護活動してるのだろう?一般の善良な民のことを考えているのだろうか?


どう考えても死刑は憲法に反する→じゃ憲法変えようせ。死罪になるような悪人生かしとく余地がないように


「主権者である国民が、国家による殺人を正当化している」・・・そうだよ?何か?


被害者遺族も議論に参加する権利を与えるべき。特定の団体が決めていい事柄ではない。

「政府は強大な権限を持っているが、人の命を奪うことはできないはず」→はずだと思うのはあんたの思い込みでしかない。国民の望みが現行の法制


最近このての奴話題になってるけどさ
なんで一方的な意見ばっかりなんだろうね
a2-1

被害者家族の意見とかもまじえて是非やってほしいっすね
なにいっても駄目だと思うけど
a2-2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする