【将棋ソフトカンニング疑惑】三浦棋士の不正疑惑について、羽生善治さんらトップ棋士7人「99.9%やってますね」

■過去記事
プロ棋士が対局中にスマホの将棋ソフトを使って不正の疑い ついに将棋界にもチーターが現れたのか・・・
対局中に将棋ソフトを使った疑いがあるプロ棋士が反論「私の指し手とソフトの一致率が高くても不思議はない」

将棋「スマホ不正」問題を渡辺明竜王が独占告白 | スクープ速報 – 週刊文春WEB

三浦九段に関する疑惑は将棋界の一部で今年8月ごろから囁かれており、週刊文春も取材を進めていた。

中略

10月7日、渡辺竜王は日本将棋連盟理事の島朗九段(53)に事情を説明。それを受けて10月10日に羽生善治三冠(46)、佐藤天彦名人(28)、将棋連盟会長の谷川浩司九段(54)らトップ棋士7人が集まり“極秘会合”が開かれた。渡辺竜王から説明を受けた出席者たちからは「99.9%やってますね」という意見も出て、“シロ”を主張する棋士はいなかった。

以下、全文を読む

■ちなみにこの件について羽生善治さんからは「捕捉」説明あり

「灰色に近いと発言はしたが、白の証明も黒の証明も難しい」

<この記事への反応>

感想戦があるから、このレベルの人なら思考の流れがおかしければ気づきそう。

こんなのは証拠じゃない証拠じゃない言ってる人は
「専門家の知見に基づいた判断」の重みを舐めすぎじゃないか

つーかなんで文春経由なの?連盟HPで報告すればいいじゃん。

将棋ファンの心情的にこのメンツには抗いがたいが、
三浦九段が訴訟を起こしたら連盟サイドが勝てるのか?
という疑問は残る。

羽生三冠も佐藤名人も将棋連盟の理事でも何でもないわけで、
そんな極秘会合で実質的に決めたみたいなことを公表するのは
コンプライアンス的に問題なのではあるまいか。

個人的にはクロだと思うけど、プロの感覚は証拠にならないし、
竜王戦の対局相手である竜王が会合に参加しているのも違和感がある。
今の所、将棋連盟の悪手という感じ。

どうでもいいけど、プロ達の感想戦がきっかけで犯人のボロが発覚した
『古畑任三郎』の「汚れた王将」を思い出しました。
プロ棋士による思考回路のトレース能力を侮ってはいけません。
そしてあの話は傑作。


羽生三冠も「言い方に語弊があるけど、疑ってはいます」的な捕捉だし
これはいよいよ間違い無いってとこかね?
やるお&やらない夫 ふむふむ
三浦棋士を知り尽くしたプロ達の「感想戦」で
“シロ”を主張する棋士はいなかった、ってのは重いよなあ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする