対局中に将棋ソフトを使った疑いがあるプロ棋士が反論「私の指し手とソフトの一致率が高くても不思議はない」

■関連記事
プロ棋士が対局中にスマホの将棋ソフトを使って不正の疑い ついに将棋界にもチーターが現れたのか・・・

対局中ソフト使用、一切ない」三浦九段が反論文書

将棋棋士の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が浮上し、
日本将棋連盟が出場停止処分とした問題で、三浦九段は18日、
自らの潔白を主張する文章を、弁護士を通じて報道各社に公表
した。

文章で三浦九段は、連盟の調査に対し
「ノートパソコンやデスクトップパソコン、スマートフォンの全アプリを撮影した画像を提出」したことを明らかにし、
「連盟はこれらの資料を精査することなく、一方的に私に出場停止処分を下しました」としている。

離席の理由について「休憩室で横になるなど体を休めつつ次の指し手を考えていたり、会館内のトイレに赴いていただけ」と主張。
将棋ソフトを使って対局前に研究を行っていたとし、「私の指し手がコンピュータと一致率が高い部分があったとしても、何も不思議なことではないと考えています」と説明した。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

疑い出すときりがない。協力者がいて、そこに電話で差し手を伝えれば自分のスマホやパソコンにはソフト使用の証拠は残らんだろうしね。ま、対局場所に通信機器を持ち込ませていたことが不幸の始まり。誰も得しないことを許してちゃいかんね

不正が明らかになったわけではないのに出場停止にされたのだから、反論するのは当然です!

やってないなら絶対竜王戦は意地でもでるべきだったね。休場届けを強要されたなら、裁判にでも訴えたら良かったのに。

司法に委ね『契約通信会社に対局中の通信記録を調べてもらう』ほうが早いのに、どうして連盟に「全アプリの写真を提出」とか怪しまれる行動をするのだろう…(+_+)

ひとつしかないプロ棋士の団体が、先に証明することなしにでひとりの棋士を追い詰めるなんてフェアじゃない。

証明できないから、無駄に動かず、今後の疑わしいケースを規定という形にするのが無難な気がする

やっと反論。全アプリを撮影した画像を提出という謎対応であるが、PCオンチとも言える。

使用してないなら反論するのは当然だが不自然な中途退出の数々が映像で流されてる。確固たる物証はないのだろうが風評レベルでは不利な材料だよね。

疑わしいってだけで何かしちゃダメだよ でも嫌疑がかかるような振る舞いもねぇ。 競艇選手達の様に外界と隔離する?


本当に白なら何を言われようが堂々としていればいい
コンピュータと指し手の一致率が高いならもっと見せつければいい
不自然な中途退出が多いなら今の数倍退出してネタにしちゃえばいい
ピンチこそチャンスなのである
やる夫 腕組

ネトゲでも同じことよ
チートだろうがRMTだろうが本当にしてないなら堂々とプレイできるはず
やる夫 真面目 意気込む

             これはどうなんだろうなー
             本当に白なら休場なんて意思示さなければよかったのに
やる夫 やらない夫 鼻ほじり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする