踊っている女子中学生を撮影し写真コンテストに応募!→実行委「すごい躍動感ある写真だ、大賞!」→「被写体の少女が自殺してしまった為、賞取り消します」


内定一転 最高賞取り消し/黒石写真コン、被写体に自殺中学生 (Web東奥) – Yahoo!ニュース

青森県で開催された「黒石よされ」写真コンテスト。そこに投稿された「とある写真」が、最高賞の黒石市長賞を内定した後、一転して取り消されてしまった。

賞の内定後、作品に写った津軽手踊りを舞う少女が自殺してしまった浪岡中学校2年の女子生徒と分かり、内部から「波風を立てない方がいい」など異論が出て、再協議したという。

市長賞にいったん内定した写真は8月15日に撮影。生徒は同25日に亡くなった。撮影者の男性は生徒と面識はなく、亡くなる前に応募した。

実行委員会は「関係者の承諾があれば良い」と考え、撮影者や遺族に事情を説明し、授賞や写真公表の快諾を得ていた。

しかし、実行委の担当者や審査員らの再協議の結果、内定取り消しを決めた。

名誉大会長の高樋憲・黒石市長も13日の再協議前、実行委に「被写体がそういう方で良いのか」と懸念を伝達。取材には「亡くなった人が被写体の作品を審査対象にするべきではない」との考えを示した。

生徒の父親は「(受賞内定を)家族みんなで喜んだのに突き落とされたような思い。(取り消しの理由は)面倒に巻き込まれたくないと言っているように聞こえる」と話している。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

遺族も喜んだ生前の最後の晴れ姿まで奪われるという。なんという悲しさと悔しさか。

ひどい話だなぁ。
撮った写真に(その後)亡くなった方が写っていたとしても、写真の価値には変わりはないだろう。
「亡くなった人が被写体の作品は審査対象外」なんていうルール、いつできたんだ?
まして遺族の方が「受賞を喜んだのに」。

遺族にしたら2度殺されたと同じだろうな

で、どんな写真だったの?

↓2013年の大賞がこんな感じ。取り消された写真もこういう躍動感あるやつだったんじゃないかと予測
http://kuroishi.or.jp/event/summer/kuroishiyosare/kuroishiyosaresnap/yosaresnapphoto2013

内定取り消して正解だよ。
どうしても見たくなるし、↑みたいな奴らだっているわけだし。


ツイッターでは「父親の意見を尊重するべき。内定取り消しするな」という意見が強いようですが、

「そのまま発表したら、野次馬のエサになるだけ」という意見も一理あります。

こういうときは、どうしたら正解なんでしょうかね・・・

娘さんのご冥福をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする