小島監督「最新作『デス・ストランディング』はVR対応しない」「VRがゲームから定着するとは思えない」

■関連記事
小島監督「最新作:デス・ストランディングは自信最高傑作になる。妥協したり、諦める必要が無いから。」

小島秀夫×VRゲーム「世界が驚くヤツを一発かます」

最新作『Death Stranding』はVRには対応しない!

小島監督、世界中からVRコンテンツの制作オファーが舞い込んできている状況だとか。
気になるのが、新作ゲーム『Death Stranding』。VRへの対応はされるのだろうか。

「じつはVRに対応させようとすればできるのですが、今はVRとは切り離して考えています。じっくりイスに座って、フレームを通して、泣いたり笑ったり感動したりできる、僕のファンが大好きなAAA(大作)のタイトルです。ちょっと新しい仕掛けがあって、これがどう評価されるか気になるところですけど。敵を倒しに行くこともできるし、戦わなくてもいい。入り口は広〜くしてありますから。なんでもできると聞くと『グランド・セフト・オート』を思い浮かべるかもしれませんが、自由度はそれくらい高いです」

VRはやがて必ず“日常”になる。そこからがトップクリエイターの出番!

「今年はVR元年といわれていますが、一度波が引くときがあると思います。iPhoneだって最初ボロクソ言われたのに、今は当たり前になりました。現在のVRは商品として捉えられていますが、普遍的になり得る概念なんです。

たとえばVRでボールの目線になって野球中継を体験できたら楽しいでしょ。フィールドに100台カメラを置いて、間の映像をリアルタイムCGレンダリングで補ってあげれば、それが可能になるんです。だからVRはゲームから定着していくとは僕には思えないですね。テクノロジーはどんどん発展していって、当たり前になっていきます。そこからがクリエイターの見せ場。どうせVRでゲームを作るなら、『なにこれ!?』と世界が驚くような、一発かますヤツが作りたいですね」

以下、全文を読む

<この記事への反応>

売れるかどうかわからないのにVR対応するのは怖いもんなw

VRに対応させようとすればできる、だがしない(キリッ

このゲームをVRでやってみたいってのと同様に、このゲームにVRは合わなくね?ってのもあるからね

VRがゲームから定着するかは分からないけど流行るかどうかの切り口はゲームじゃないかな。

大人向けのVRにかかってると言っても過言ではない


ボク的にはゲームからVRが広がると思うけどな〜
3DSの3D機能みたいにVRいらねえとはならないはず・・・
やる夫 悩む うーん

ま、どっちでもいいけどな
流行ればそれに乗っかるし流行らなければ乗っからない
ただそれしきのことよ
やる夫 鼻くそ ピトッ

みなさんはどう思いますか?
てかVR予約してますか?
やらない夫 カウンター 正面

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする